所有権移転登記に必要な費用はどのくらい?相場から手続きの方法

不動産売買の際に必要な手続きの一つに所有権移転登記があります。なんとなく、イメージはついても、実際にどんな内容のもので、どのくらいの費用が掛かるものなのかよくわからないとう方がほとんどではないでしょうか。
今回は、所有権移転登記について、内容から必要な費用、そして手続きについても詳しく解説していきます。

1. 所有権移転登記とは

まず、所有権移転登記についてご説明する前に、不動産登記とは何かについて簡単に見ていきましょう。
不動産登記は、不動産(土地及び建物)の所在地や面積の他、誰が所有者しているのかといった権利状況を帳簿(登記簿)に記録し、誰もが見ることのできるようにすることを言います。不動産取引が安全に行われるために重要な役割を果たすものです。

そのため、不動産売買が行われて所有者が変更になった際には、不動産登記上の所有者を変更する必要があります。それが、所有権移転登記です。

売買契約を結んで引き渡しを受けても、所有権移転登記を行わなければ登記は変更されません。所有権移転登記は義務ではありませんが、登記を行わなければ第三者に対抗することができないと民法でも規定しているように、トラブルに巻き込まれないためにも必ず所有権移転登記を行いましょう。

なお、不動産登記は、法務局の登記所で申請を行い、専門知識を持つ登記官が記録を行います。

参考: https://www.moj.go.jp/MINJI/minji02.html

(広告の後にも続きます)

2. どんな時に所有権移転登記が必要か

所有権登記申請は、不動産売買で所有権が移転した際に必要になることは先述しましたが、その他にも相続や贈与、離婚等での財産分与といった場面でも必要になります。
不動産の所有者が変更になる際には、必ず所有権移転登記が必要になることを覚えておきましょう。