ドライアイの原因と対策。普段からできる予防法、目を休めるアイテムも紹介

ドライアイとは、涙の分泌量の減少や質の低下を引き起こす、目の疾患のこと。この症状を和らげるためには、引き起こす原因や適切な対策について知ることが大切です。本記事では、ドライアイの原因・対策について解説するとともに、普段できる予防法、アイガンおすすめの目を休めるアイテムを紹介します。

ドライアイとは?

ドライアイという言葉をよく聞きますが、これは目の疾患の1つです。まずは、ドライアイとはどのような症状なのか解説します。

涙の分泌量が減るドライアイ

ドライアイとは、別名「乾燥性角結膜炎」とも言われ、涙の分泌量が減ったり質が落ちたりする病気です。涙は目を守る役割を担う大切なもの。その涙に異常をきたし、目の違和感や不快感を招きます。ドライアイを患っている人は多く、2,200万人ほどの患者がいるそうです。

主な症状

ドライアイの症状はさまざまで、出方にも個人差があります。主な症状としては、目の疲れ・乾き・ゴロゴロ・かすみ・痛み・見えにくさなどです。

via online-shop.aigan.co.jp

(広告の後にも続きます)

ドライアイが起こる原因

ドライアイを引き起こす原因として考えられるものもさまざま。ドライアイを防ぐためには、まずはその原因を把握し、自分がどれに当てはまるかを見極めましょう。

1.まばたきの減少

涙を分泌する・涙の蒸発を抑える、といった役割を担っているのがまばたき。そのため、まばたきが減少すると目が乾燥してしまいます。

まばたきの数が減る要因として挙げられるのが、長時間にわたるパソコンやスマホの使用、車などの運転です。これらを行う時、1つのものや方向をじっと見るため、緊張などによってまばたきの回数が減ります。通常、まばたきの回数は1分間に20~30回ほどですが、画面の凝視などでは1分間に5回~7回までに減ることもあるそうです。

2.長時間にわたるコンタクトの使用

コンタクトをしていると、涙がコンタクトに吸収されたり蒸発しやすくなり、角膜まで涙が行き届きにくくなります。そのため、コンタクトを使用している人は裸眼やメガネの人に比べて、目が乾燥しやすい傾向にあります。

3.エアコンや外気による乾燥

エアコンの風や乾燥した空気が目にあたることで、目の涙が蒸発して乾燥します。また、湿度が低いことも目が乾燥する原因です。

4.加齢

年齢を重ねるごとに涙の油分の層が薄くなるもの。それにより涙の蒸発が防ぎきれず、涙の量の減少・質の低下につながります。