薬の副作用は意外なところに現れることもあります。高血圧の薬は長期にわたり処方されることが多く、それだけに、薬とのつきあい方を患者さんご本人が考えるべきでしょう。ここでは、薬に頼らず自力で治す方法を、主に食生活の面からアドバイスします。「減塩し過ぎ」もよくない、というのが私の見解です。【解説】松田史彦(松田医院和漢堂院長)

解説者のプロフィール

松田史彦(まつだ・ふみひこ)

1962年生まれ。87年、聖マリアンナ医科大卒業。同年に熊本大学麻酔科入局。熊本大学医学部第2内科を経て、97年に東京女子医科大学附属東洋医学研究所に勤務し、東洋医学と漢方に出合う。2000年に松田医院和漢堂を開院。心と体の健康をサポートする地域のかかりつけ医を目指しつつ、統合医療と予防医学を実践。著書に『薬の9割はやめられる』(SBクリエイティブ)がある。
▼ 松田医院和漢堂(公式サイト)

(広告の後にも続きます)

75歳以上の4人に1人が7種類以上の薬を服用

厚生労働省の調査によれば、「20歳以上の国民の、2人に1人は高血圧」といわれるほど、高血圧はありふれた疾患です。それだけに、高血圧と診断され、降圧剤を服用している患者さんは多くいらっしゃいます。

診断基準は、最大血圧が140mmHg以上、最小血圧は90mmHg以上。けれども私は、この数字にこだわる必要はないと思っています。というのも、血圧は年齢を重ねるにつれて上がるのが自然の摂理だからです。

年を取ると血管がかたくなるため、血液を全身にくまなく送るためには、ある程度の圧力が必要になります。降圧剤を使って無理に血圧を下げようとすると隅々まで血液が行き届かず、それが原因で体に不具合が生じるおそれがあるのです。

しかも、高血圧の患者さんは高脂血症や糖尿病など、ほかにも疾患を抱えているケースが少なくありません。高齢になるとさらに、耳鼻科や眼科、整形外科などでも薬が処方され、1日に何十錠と服用している患者さんもいます。

厚生労働省の調査によれば、実に75歳以上の4人に1人が、7種類以上の薬を服用しているのです。ここまでになると、飲み合わせにより起こる反応は、医師や薬剤師ですら未知の世界です。

私は、予想もしない副作用に悩まされる患者さんを、これまでに数多く見てきました。さかのぼること9年前、日本で初めて「薬やめる科」を立ち上げたのには、薬害に悩み、減薬・断薬を望む患者さんの手助けをしたいという背景があったのです。