「胃脳相関」に着目した新感覚トレーニング体験レポ。心身の健康は胃から。

「胃脳相関」とは?

胃と脳はお互いに影響を与えあうことのできる相関関係にあるということが最近の研究でわかってきており、その相関関係を「胃脳相関」と呼ぶ。この関係性により、胃の健康状態が自律神経を介して脳に作用し、 気分や摂食行動など心身の健康に大きな影響を与えている可能性が示唆されており、現在医学界などで大注目となっている。

何かと我慢とストレスの多いコロナ禍。悩み事があって食欲がない。胃が重くて、気力がわかない。など、胃と脳や体全体のつながりは、なんとなく感覚として経験したことがある人も多いのでは?

2021年9月に実施されたアンケートによると、「2021年に入って胃の不調を感じることがある」と回答した人は45.8%にのぼるという結果が得られている。確かに私も、旅行にも行けず、美味しいモノを食べる機会も減り、心と体のリフレッシュが上手くできない時が増えたような気がする。以前みたいに発散するのは難しいけれど、少しでも気持ちよく毎日を過ごしたい……。そんな想いで、今回、疲労回復専用ジム「ZEROGYM」新宿店限定でスタートした消化器内科医監修の日本初の新感覚ヘルスケアトレーニング「胃脳相関プログラム」を体験してみた。

(広告の後にも続きます)

胃について学ぶ

「今日の胃は健康ですか?」と聞かれて胃の状況がわかっている人はどれだけいるだろうか。

感覚的には悪くはないけど……胃そのものは目に見える訳ではないので、自分の体とはいえよくわからない……という方も多いとのこと。

それもそのはず、食後の胃もたれ、みぞおち辺りの痛みや重み、胸やけなどなんとなく不快な症状を持つ人の中で、検査で原因が特定できるのはなんと約9%、その他の方は原因不明なのだそう。