アルツハイマー型認知症を引き起こす脳のゴミ、「アミロイドβ」というたんぱく質は、分解酵素の不足、睡眠の質の低下、歯周病菌などが原因でたまっていきます。きれいに排出するためには、普段の食生活で、脳を元気にする栄養素をしっかりと補給しておくことが重要です。【解説】内野勝行(金町駅前脳神経内科院長)

解説者のプロフィール

内野勝行(うちの・かつゆき)

金町駅前脳神経内科院長。帝京大学医学部卒業。日本内科学会認定医。厚生労働省認定認知症サポート医。日本スポーツ協会公認スポーツドクター。 日本神経学会会員。和食サプリメントの開発も行う。著書に『1日1杯脳のおそうじスープ』(アスコム)、監修書に『認知症の取扱説明書』(SBクリエイティブ)など多数。
▼金町駅前脳神経内科(公式サイト)

(広告の後にも続きます)

脳のゴミは20年以上かけて徐々にたまる

「ほら、あの人……、あ~、名前が出てこない~」
「あれ、私、何をしようとしてここに来たんだったかしら」
物忘れやうっかりミスが増える。集中力が続かず、頭の回転が鈍くなったように感じる。

40~50代頃から徐々に現れてくるこうした現象は、脳に「ゴミ」がたまり、脳の機能が低下していくことで起こります。

この「脳のゴミ」の代表格が、「アミロイドβ」というたんぱく質です。アミロイドβは、脳の神経細胞やシナプス(神経細胞同士をつなぐネットワーク)を傷つけ、硬い糸くずのような神経原線維(アミロイド線維)に変化します。

アミロイドβは、活性酸素を作りだし、周囲の神経細胞をサビ(酸化)させます。そして活性酸素がまたアミロイドβの蓄積を促進して、「老人斑」と呼ばれる脳のシミを作っていきます。

脳のゴミ・アミロイドβが、「腐ったミカン」のように周囲の脳細胞にダメージを広げていき、脳細胞が次々と死んでいくことにより、脳が委縮し、認知症を発症する。これが、認知症の約7割を占めるアルツハイマー型認知症(以下アルツハイマー)のしくみです。

委縮は、最初に記憶をつかさどる「海馬」から始まります。脳全体に委縮が広がると、知能や身体機能まで低下し、最終的には死に至ることもあります。

アルツハイマーに至るアミロイドβの蓄積は、20年以上の長期間にわたり、徐々に進行していきます。

言い換えれば、日頃からアミロイドβの発生を抑え、排出を促して、脳に蓄積させないようにすることが、脳の老化やアルツハイマーを防ぐためには大切だということです。