冷え症タイプの方は、とにかく体を温めないと、痛みは取れません。ショウガに含まれる辛味成分のジンゲロールや、それを加熱したときに増えるショウガオールには、体を温めて血管を広げる作用があります。それによって発痛物質プロスタグランジンの産生が抑えられ、痛みが軽減するのです。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)

解説者のプロフィール

石原新菜(いしはら・にいな)

イシハラクリニック副院長。医師。帝京大学医学部卒業後、大学病院での研修を経て、現在、自然医学の泰斗で医学博士の父、石原結實氏が院長を務めるイシハラクリニックで、漢方医学、自然療法、食事療法により、さまざまな病気の治療にあたっている。『女のキレイは30分で作れる』(マキノ出版)、『酢ショウガで体すっきり!ずっと健康!』(宝島社)など、ショウガや健康に関する著書、監修書多数。テレビやラジオなどのメディアへの登場も多い。
▼イシハラクリニック(公式サイト)

(広告の後にも続きます)

血管を広げて痛み物質を減らす

ひざ痛、腰痛、生理痛……。こうした治りにくい慢性的な痛みは、ほとんどが「冷え」からきています。

体が冷えると血管が収縮して、血流が悪くなります。すると、血管の内側の細胞は「プロスタグランジン」という物質を出して、血管を広げようとします。それによって血管は広がりますが、同時に痛みが出ます。プロスタグランジンは、痛みを感じさせる発痛物質でもあるのです。

痛みは、体が血管を広げようとがんばっている証なのですが、そもそも最初から血管を広げる物をとっていれば、プロスタグランジンが出ることもありません。そうすれば、痛みを感じることもないのです。

そこで私がお勧めしたいのが「ショウガ」です。ショウガは体を温める最強の食品で、痛みを取る漢方薬のほとんどにショウガ(生姜)が配合されています。

ショウガに含まれる辛味成分のジンゲロールや、それを加熱したときに増えるショウガオールには、体を温めて血管を広げる作用があります。それによってプロスタグランジンの産生が抑えられ、痛みが軽減するのです。

また、1日40gのショウガをとると、関節リウマチの痛みが和らぐという報告があります。ですから私は、リウマチの患者さんには、必ずショウガを勧めています。

その1人、Aさん(40代女性)は、リウマチの薬(ステロイド剤や免疫抑制剤など)を飲み続けることに不安を感じて来院。手首や足首などの関節に、激しい痛みがありました。

色白で冷え症タイプのAさんに、私は「桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)」という漢方薬を処方しました。同時に、手浴、足浴、腹巻きを勧め、ショウガをたくさんとるようにアドバイスしました。

その生活を続けるうちに、Aさんは薬をかなり減らすことができ、痛みも取れて安定するようになりました。ショウガのジンゲロールには免疫(体の防衛機構)を調整する作用もあるのですが、それもリウマチにはよかったと思います。

Aさんのような冷え症タイプの方は、とにかく体を温めないと、痛みは取れません。そういう方にぜひ試していただきたいのが、「ショウガスープ」です。

温かいスープを飲むと、それだけで体が温まります。また、ショウガの辛味成分のジンゲロールは、加熱によって、より温め効果の強いショウガオールに変わるので、効果がよりアップするのです。