目は、脳と並んで多くの血液を必要とする器官です。目の病気にはほとんどの場合、全身の血流不良が大きく影響しています。そして、現代人の血流不良の背景にあるのがミネラル不足です。特に亜鉛は目に必要で、かつ現代人に不足しやすいミネラルです。【解説】山口康三(回生眼科院長)

解説者のプロフィール

山口康三(やまぐち・こうぞう)

回生眼科院長。1981年自治医科大学医学部卒業。横浜市立市民病院、神奈川県立厚木病院などを経て、91年より現職。食事や運動、睡眠などで綜合的に対処する「目の綜合医療」を考案。著書『緑内障・白内障は朝食抜きでよくなる』(マキノ出版)が好評発売中。
▼回生眼科(公式サイト)

(広告の後にも続きます)

ミネラル不足が血流不良を招く

老眼や近視など、さまざまな目の病気に悩んでいる人に対して、当院ではある家庭療法をお勧めしています。「視力回復だしスープ」と名づけたスープを飲んでいただくことです。

家庭で簡単に作れるスープですが、目の病気の進行抑制や改善に、大きな効果を発揮します。

進行すると失明を招く緑内障や黄斑変性、糖尿病網膜症などに対しても、適切な治療を受け、生活改善を行うとともに、このスープを習慣的に飲むことで、効果が得られます。当院の患者さんにはこのスープを活用して、目の病気の悪化防止や改善に成功している人が大勢います。

視力回復だしスープの主な材料は、煮干しコンブアゴ(トビウオ)の粉末で、すぐ入手できるものばかりです。

ありふれた材料で作るスープでありながら、多くの眼病に効果をもたらすのは、なぜでしょうか。その大きな理由は「ミネラル」にあります。

目は、脳と並んで多くの血液を必要とする器官です。目に血液を届ける血管は細いので、流れが滞りやすく、全身の血流が悪くなれば真っ先に影響を受けます。「目の病気の原因は目にある」と思われがちですが、ほとんどの場合、全身の血流不良が大きく影響しています。

そして、現代人の血流不良の背景にあるのが、ミネラル不足です。

血流を促すのに、ミネラルは欠かせません。しかし、加工食品やコンビニ食、外食などが多い食生活では、ミネラルが大幅に不足します。本来、ミネラルは野菜に多いのですが、近年では野菜の栄養素そのものが低下しているのに加え、流通や保管によってもミネラルが失われています。

そんな現代でも、古来、日本でだしをとるのに使われてきた煮干し、アゴ、コンブなどには、ミネラルが豊富に含まれています。ミネラルの中でも、特に亜鉛は目に必要で、かつ現代人に不足しやすいミネラルですが、視力回復だしスープには亜鉛が豊富に含まれています。

そのため、視力回復だしスープを習慣づけてとると、ミネラルの補給によって目の血行が促され、目に必要な亜鉛もたっぷりとれます。また、物を見ることは目と脳の共同作業ですが、視力回復だしスープは、脳の血流もよくします。ですから、二重三重の意味で、目や視力に効果をもたらすのです。

スープの作り方と活用法は、下項の通りです。煮干し、コンブ、アゴの粉末を使うのは、栄養素が溶け出しやすいからですが、粉末が入手しにくければ、食材そのものを煮出しても作れます。

また、3つの食材がそろわなければ、1~2個の食材で作ったり、だしに使う他の食材(シイタケ粉など)を用いたりしても結構です。

塩分が気になる場合は、塩を加えずに作るとよいでしょう。酢は、ミネラルの吸収をよくするので加えますが、量は好みで調節して構いません。