【ママ必見】「学校での視力検査」「初めてのメガネ」お子さんの目に関するお悩み座談会

おうち時間が長くなったことで、子どもがスマホやタブレット、ゲームなどの画面を見る機会が増えています。それが影響してか、学校の眼科検診で再検査の紙をもらう子どもが増加傾向にあるようです。今回は、そんな子どもの目に関するお悩みについて、子どもを守れるママドクター『ママドク』(以下ママドク)主催の座談会をレポートします。

座談会参加ママをご紹介

今回は、東京、大阪、兵庫、香川から16名のママ達にご参加いただきました。ママドクとは「専門家と子育てママの架け橋」をコンセプトとしたママコミュニティー。子育てがラクになる知識や情報を共有し合える場を提供しています。そんなママドク主催の座談会で、近視や遠視のお子さんを育てているママ達から、学校の眼科検診やお子さんの目に関する悩みを伺いました。

(広告の後にも続きます)

すべては学校での眼科検診から

学校で行う視力検査は、ABCDの4段階で視力を区切ります。Aは視力1.0以上、Bは視力0.9〜0.7、Cは視力0.6〜0.3、Dは視力0.2以下に相当します。この視力検査の結果をきっかけに、子どもの視力低下に気づくケースも多いです。

まずは、ママ達に、学校の眼科検診の時期や子どもの視力低下に気づいたタイミング、ご自分で調べた対処法などについて伺いました。

学校での視力検査の時期はいつ頃ですか?

「春にあります。また、希望者のみ秋も検診を行えます」

「6月に校医に診てもらいます。その他に年に3回ほど、保健室の先生が視力測定をします」

「春にありますが、保健室の先生が視力測定するので、少し誤差があるように感じます」

子どもの視力低下をいつ知りましたか?

「学校の眼科検診ですね。再検査になり、眼科にかかったところ近視だとわかりました」

「3歳半健診に行く前に、自宅で視力のセルフチェックをする必要があったのですが、その時に娘の左目に違和感を感じました」

子どもの視力低下を知った時に、対処法について調べましたか?

「自分でスマホで調べたり、既にメガネをかけているお子さんのいるママに相談したりしました」

「画面を見る時の目の負担を抑えたくて、ブルーライトカットについて調べました。画面にフィルターを貼る、ブルーライトカットメガネをかけるなどが出てきましたね」

「視力回復に関する情報を、先輩ママから教えてもらいました」

「視力低下を進めないために、眼科に相談しました。目薬を試したり、食事に気を付けたりしましたね。遠くを見る習慣のために星を見るようにもしましたが、結局1年後にはメガネをかけさせました」