【眼科医が解説】「眩しさ」が目に与える影響と、シチュエーション別の改善方法をご紹介

太陽の光、夜間の車のライトなどが目に入ると人は眩しいと感じます。いつもよりも眩しさを感じる、違和感がある場合は、目の病気が隠れていることも。今回は、だんのうえ眼科 二子玉川院の院長である大島由莉先生に、眩しさを感じるメカニズムや眩しさが目に与える影響、シチュエーション別の改善方法などを教えていただきました。

だんのうえ眼科 二子玉川院 院長 大島由莉先生

専門分野である白内障や角膜はもちろんのこと、コンタクトレンズの使用に伴うトラブルなど、「街の眼科医」として目に関するお悩みにはどのようなことでも親身に対応。また、アンチエイジングの分野にも詳しい。

眩しさを感じるメカニズム

――目が眩しさ感じるメカニズムを教えてください

「光は角膜、水晶体、硝子体、網膜とさまざまな場所を通って入ってきますが、そこで光の反射や乱反射などのなんらかの原因が生じると眩しいと感じます。また、日中と夜とでは目の構造が変わり、夜は瞳孔が開きやすくなるので、目に光も入りやすくなって、より眩しいと感じるのです。

太陽の光、夜間の対向車のライトなどを眩しいと感じるのは目の正常な反応ですが、いつもより眩しい時は、目の病気などが原因の場合もあるので注意が必要です」

(広告の後にも続きます)

「眩しい」の感じ方は人それぞれ?

――シチュエーションとしてはどんな時ですか?

「太陽の光や夜間の車のライトの他、病気などが眩しさの原因になっていることも。例えば、白内障は眩しさを感じる可能性のある病気です。白内障の場合、目が白く濁るので光がきれいに入ってきません。すると乱反射を起こして光が網膜に当たり、眩しさを感じます。メガネをかけても見えづらいなどの症状もあるため、眼科の受診で病気が見つかることもありますね。

その他、ドライアイが原因で眩しさを感じることも。ドライアイになると角膜が傷つきやすく、表面がでこぼことした状態になってしまいます。すると光が上手に入らず、眩しさを感じるのです。ドライアイはPCの長時間の使用、乾燥した空調、ストレス、コンタクトの使用などによっても引き起こされるので注意してくださいね」

――年齢があがると眩しさの感じ方も変わりますか?

「年齢と比例して、眩しいと感じる人が増える印象はありますね。年齢を重ねると白内障、ドライアイ、網膜の疾患などの病気の発症率も上がるため、症状として目の眩しさがあらわれることもあるかもしれません。

また、人種によっても眩しさの感じ方は異なります。瞳の色が黒いアジア人の方が、比較的眩しさを感じづらいです。反対に、色素の薄い欧米人は眩しさを感じやすいですね」