食楽web

 デカ盛り・大盛りの店やエリアといえばあそこ! ってイメージするお店が誰しもいくつかあると思います。飯田橋の『神楽坂飯店』とか、秋葉原の『あだち』とか。

 その中で、そういえばあそこの店まだ行ってなかった! って思い出したのが『丼逹』。水道橋・神保町あたりの学生にとってのGS、エネルギーチャージのお店として、ずっと愛され続けているお店です。

 店のサイトを見ると「丼逹は水道橋にある大食い界の登竜門として知られている大盛り豚丼のお店です」と書かれています。大食い界の登竜門、ってことは、すでに大食いの人にはもちろん、大食い初心者にも優しいお店、ってことだと思います。


メニュー。「豚丼」と「スタミナ丼」は味付けが選べる。久々すぎて、「豚丼」と「スタミナ丼」、どっちにしようか悩む……

 店内はカウンター席。一人で入りやすい上に通し営業なので、ランチタイム逃した! とか、夜からの用事の前に食べておきたい、という時などにも便利。地元学生・サラリーマンはもちろんですが、後楽園で野球やボクシングを観る前に食べておきたい、という人にとっても、さっと来てパッと食べることができるのがありがたい。

 メニューを見ると、店の看板料理、と言える「豚丼」と「スタミナ丼」は、てりやきにんにく、てりやきしょうが、醤油ピリ辛、塩しょうがの4つの味から選択可能。「豚丼」は豚肉と長ネギ。「スタミナ丼」には豚肉、長ネギの他にキャベツ、もやしが入ります。


壁に貼られた大盛りの追加料金表。肉増し→鉄人→超人と増えていく

 どっちにするか悩んだ時は店の人に聞く! 「豚丼」と「スタミナ丼」、ボリュームあるのはどっち? 「どちらかといえば『スタミナ丼』ですね」。とのことなので、今回は「スタミナ丼」のてりやきにんにく味に、プラス超人&ゴハン大盛りで注文決定。肉3倍でゴハン大盛り。今まで注文したことのないボリュームに期待が高まります。

 他の席を見渡してみると、夕方という時間帯のせいか、大学がお休みだからなのか、サラリーマンらしきスーツ率が高い。そして、「豚丼」と同じぐらい「鶏そぼろ丼」を頼む人が多いような気がする。学生は豚でサラリーマンは鶏、みたいな人気の傾向があるのかなぁ。そんなこと思っていたら隣の席に「丼逹カレー」が。豚肉とルーが半々に盛られたカレー。これも美味しそう~!

さすが登竜門!「スタミナ丼」+超人(肉3倍)+ゴハン大盛り(1030円)1023g


「スタミナ丼」650円+超人(肉3倍)280円+ゴハン大盛り100円でトータル1030円(味噌汁付き)。ニンニクのいい香り

 待つこと数分、やってきたのは、ニンニクの香りが食欲をそそりまくっている丼。早速計測です。直径20cmの器に高さ約9cm、重さは1023g(器の重さを除く)。1kgちょいっていいボリューム。プロのフードファイターではなく、一般的な胃袋持ちが、今日は腹一杯食うぞ~って時に満足できる量、という感じです。

 早速一口! ニンニクのパンチ力がすごいっ。醤油ベースのオリジナルたれが、肉や野菜はもちろん、ゴハンにもしみて、一気にかっ込みたくなる味! 丼を左手に持って、口に近づけてブワ~って流し込むように食べたい! 勢いの出る美味しさです。


高さは約9cm。ご飯がみえないほど肉野菜が覆った状態。ニンニク醤油の香りがもぉたまらん!

「一番人気はてりやきにんにく味なんですよ」と話すのは店主の野田将允さん。わかる、このクセになる、どハマりする味。ほんのり甘じょっぱくって、鼻からブワっとニンニクの香りが抜けていきます。マスク生活になって唯一良かったことは、がっつりニンニク味を昼間から食べてもバレにくいってこと!? 「最近は野菜を取りたい人が多いからね。『スタミナ丼』は人気なんですよ」。

 ちなみに店では、タイムサービスをやっていて、オープン直後の11:30~12:00の30分間と、15:00~18:00の間は、ゴハン増しまたは生卵サービス。「スタミナ丼」の場合は野菜増しもOKだそう。あと、学生証の提示でゴハン増しまたは生卵サービスの学割もやっています。


箸で食べるのもいいけれど、スプーンでかっこみたい! そして卓上にある紅生姜で口の中リセット!

 そもそも、大盛りメニューができたきっかけってあるんですか?「ここは学生街だから、安い値段でお腹いっぱい、がっつり食べられるのがいいかと思って、『豚丼』をメインに出しているんですよ」。専修大、明治大、日大に、東洋高校、東京歯科大もある水道橋~神保町エリア。腹ペコ学生にとってお腹いっぱい食べられるのって確かに大事。おそらく学割サービスも活用しまくっているのではないでしょうか。

 ちなみに、超人(肉3倍)+ゴハン大盛りで頼む学生さん、結構多いんですか?「いや~、最近の学生さんはそこまで。多い日で超人+ゴハン大盛りは10食ぐらい出るんですが、配達系の人など、体力勝負の人達が多いですね。学生さんより社会人の方が食べますよ~」。そうなんですね。

 ちなみに卓上には、紅ショウガのほか、マヨネーズ、一味、コショウ、生ニンニクなどがおいてあり、途中で味変を楽しむことも可能です。


「ランチの12時台が一番混むかな。ちょっと時間をずらして来る方がタイムサービスもあってオススメですよ」(店主の野田将允さん)

 完食するための攻略法を聞くと「お腹をすかせすぎてきちゃうと逆にダメだね。一気に吸収してよくないんだよ。ちょっと食べておいてから来るのがオススメ。朝食を抜くとかはしないほうがいいね」とのこと。基本的にはお腹をすかせてきてほしいけれど、一食抜くなど極端にお腹をすかせると逆に入らないそう。人間の体って不思議です。

 最近は「鶏そぼろ丼」(600円)がじわじわ人気になりつつあるとのこと。ただ、数量限定なので、食べたい場合は早めの来店がオススメです。

 ちなみに『丼逹』には、推定1.5kgを超えるチャレンジメニュー「大魔神」(1500円)があり、30分以内に完食すると、次回使える豚丼無料券がもらえます。挑戦できる時間は14時~閉店1時間前まで。1.5kgなんて余裕でしょ、という人は、ぜひ「大魔神」に挑戦を!

(取材・文◎いしざわりかこ)

●SHOP INFO

店名:丼逹(どんたつ)

住:千代田区三崎町2-11-13 MMビル2 102
TEL:03-3239-7554
営:11:30~20:00(LO19:30)、水曜~17:00(L.O.)、木曜~21:00(L.O.20:30)、土曜~15:00(L.O.)
休:日曜、祝日