ミネラルやビタミン、アミノ酸を一度にとれる

弱った消化力や腸内環境を改善するために、私も食べていて、患者さんにもお勧めするのが「アボカドみそ汁」です(詳しい作り方は下項参照)。

アボカドとみそを組み合わせると、必要な栄養素の多くを取り入れられます。ですから、消化力の立て直しに最適な食品なのです。

アボカドは「最も栄養価の高い果物」としてギネス認定されるほどのスーパーフードです。カリウム、カルシウム、マグネシウムといったミネラルや、ビタミンを豊富に含みます。特に、抗炎症作用のあるビタミンEの含有量は全ての食品中でもトップクラスです。

脂肪分も多いですが、アボカドの脂肪は「オレイン酸」なので、健康づくりに役立ちます。このオレイン酸には、悪玉コレステロールを抑え、高血圧や動脈硬化を防ぐ働きの他、美肌効果や整腸作用も期待できます。

みそも、生命維持に欠かせないアミノ酸、細胞の新陳代謝を進めるビタミンB群の他、アボカド同様にミネラル、食物繊維を豊富に含んでいます。また、みそに含まれる麹菌や酵母菌、乳酸菌などは、腸内の善玉菌の働きを活発にします。当然、腸内環境を整えることに役立ちます。

なお、みそは種類によって、成分に少し違いがあります。ストレスの緩和や高血圧の予防などの効果があるといわれている「GABA」(アミノ酸の一種)は、白みそに特徴的な成分です。大豆だけを原料として作られる、色の赤い豆みそには「鉄分」が豊富で、貧血が気になる人にお勧めです。お好みで、両方を混ぜて使うのもいいでしょう。

アボカドみそ汁に使うみそはお好みのものでOK。

みそ汁とアボカドは変わった組み合わせに感じられるかもしれませんが、おいしいという声を多くいただいています。アボカドが、熱で軟らかくなってクリームチーズのような食感になりますから、新鮮な味わいを楽しめることでしょう。

ここに焼きノリやワカメを加えるとマグネシウムもとれるので、さらにミネラルのバランスがよくなります。また、豆乳を少し加えると、クリーミーで洋風なみそ汁になります。これもおいしいですよ。

アボカドみそ汁は、朝食にとるのが習慣化しやすいでしょう。朝食を抜くと、昼食後に血糖値の急上昇を招きやすくなるので、何かおなかに入れておくのが賢明です。アボカドみそ汁なら、さまざまな栄養素を摂取でき、腹持ちもよく、朝食にぴったりです。

アボカドみそ汁を毎朝1杯飲むことで、肌荒れや便秘、血糖値やコレステロール値の改善などに役立つでしょう。

40代後半のある女性は、アボカドみそ汁を食べ始めて1ヵ月で、周りから「エステに通ってるの?」と聞かれるほど肌が若返り、血色がよくなったそうです。また、体調がよくなって、疲れにくくなり、カゼをひかなくなったと言います。

皆さんも、食生活に取り入れてみましょう。

(広告の後にも続きます)

アボカドみそ汁の作り方

材料(1人分)
アボカド……1/2個
みそ(お好みの種類で可)……大さじ1弱
熱湯(またはだし汁)……適量
焼きノリ(または乾燥ワカメ)……少々

アボカドは皮をむいて、おわんに入れる。みそ、細かくちぎった焼きノリをおわんに入れて、熱湯(またはだし汁)を注いだら出来上がり。

1日1回、朝食にとるのがお勧め

[アボカド豆乳みそスープ]
熱湯の代わりに、温めた豆乳を加えて作る。

この記事は『安心』2021年12月号に掲載されています。

画像参照:https://www.makino-g.jp/book/b593632.html