例えば、降圧剤によりめまいやふらつきなどが現れても、それらは高齢者によくある症状なので「年のせい」と片づけられてしまうことが多いのです。それだけならまだしも、「ではめまい止めの薬を出しておきましょう」などと、新たな薬を追加で処方される可能性があります。これが、ポリファーマシー(多剤併用)の始まりです。【解説】松田史彦(松田医院和漢堂院長)

解説者のプロフィール

松田史彦(まつだ・ふみひこ)

松田医院和漢堂院長。1962年生まれ。87年、聖マリアンナ医科大卒業。同年に熊本大学麻酔科入局。熊本大学医学部第2内科を経て、97年に東京女子医科大学附属東洋医学研究所に勤務し、東洋医学と漢方に出合う。2000年に松田医院和漢堂を開院。心と体の健康をサポートする地域のかかりつけ医を目指しつつ、統合医療と予防医学を実践。著書に『薬の9割はやめられる』(SBクリエイティブ)がある。
▼松田医院和漢堂(公式サイト)
▼専門分野と研究論文(CiNii)

(広告の後にも続きます)

全身に血液を送るために血圧が上昇する

私は、近代西洋医学と、代替療法や伝統医学などを組み合わせた統合医療を実践し、患者さんの治療に当たっています。

近隣地域からさまざまな症状の患者さんが来院されますが、9年ほど前に開設した「薬やめる科」には、遠方からも多くのかたが相談に見えます。ご自身やご家族が、「今飲んでいる薬を減らしたい」と悩んだ末に、訪れるのです。

なかでも相談を受けるのが、生活習慣病の薬。

高齢のかたはたいてい、血圧を下げるための降圧剤を服用しています。血圧の基準値は、最大血圧が140mmHg、最小血圧が90mmHgですが、これを超えると「脳梗塞や心筋梗塞など重篤な疾患の発症を予防する」という目的で、降圧剤が処方されるのです。

けれども、血圧が高いことは、ほんとうに病気なのでしょうか

年を取ってくると、血管が柔軟性を失い、かたくなります。全身の隅々まで血液を送るためには圧力が必要です。年齢が高くなるにつれ血圧が上昇するのには、理由があるのです。

それにもかかわらず、血圧を薬で無理に下げようとすると、血液が末端まで行きわたらず、めまいやふらつきといった症状が起こる可能性があります。

血圧降下剤には、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬、アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)、カルシウム拮抗剤、α遮断薬、β遮断薬などがあります。

名称に注目してください。いずれも、人間に本来必要な生理反応を抑えることで、血圧を下げているのです。

もちろん、若い人で血圧が180mmHgや200mmHgを超えるようであれば、薬を使って下げる必要も出てくるでしょう。循環器系や脳血管系の既往歴がある場合も、要検討です。

けれども、こと高齢者においては、体が必要に応じて血圧を上げている側面があるということを覚えておいてください。