食楽web

 1.8kgの餃子定食や、2kg超えのラーメン、並盛りなのに1kg超えのカレーなどが普通にある街、埼玉。デカ盛り好きにとっては、埼玉はオアシスとも言える街です。街にさりげなく溶け込んだデカ盛りの店が点在しているので、発掘する喜びもあったりします。

 そんな埼玉で、今年取材した中から取材陣が見た目と味に驚いたデカ盛りの店5つを紹介します!

デカ盛りレジェンド店が作る約2kgのチャーハン!『二代目蝦夷』(川越市)の「チャーシューのせチャーハン・てんこ盛り」


「チャーシュー乗せチャーハン」1050円に、てんこ盛り+200円。スープつき

 埼玉でデカ盛りといったら、真っ先に名前の上がる『二代目蝦夷』。フードファイターや野球選手など、有名人も多く訪れるお店です。この店にあるのが「〇〇乗せチャーハン」シリーズ。「ギョウザ乗せチャーハン」、「からあげ乗せチャーハン」、「やき肉乗せチャーハン」、「チャーシュー乗せチャーハン」があり、いずれも1050円。これに「てんこ盛り」+200円を追加すると、直径34cmの皿に、高さ約9cm、重さ1877g(器の重さを除く)のパーティメニュー? ブッフェの大皿っすか? みたいなチャーハンが登場します。味噌汁の129gを合わせたらほぼ2kg。味噌汁、おちょこみたいに見えるけれど、普通の小鉢サイズです。

 チャーシューは脂身部分と赤身部分の2種類、チャーハンは、にんじん、ナルト、タマネギ、長ネギ、卵、小口ネギのスタンダードなチャーハン。味付けは塩コショウ、醤油のみ。ほんのちょっとしっとり系のチャーハンは思わず「うまいっ」と声に出てしまうほど。火力の強いコンロ、鉄のフライパンであおって作るチャーハンは正義! ナルトのムチッとコロコロ感とかいい感じです。

 食べにきたお客さんが大盛りで笑顔に、幸せになってもらうことが自分の使命だと語る店主。なので、チャーハンだけではなく、山盛りの唐揚げや、植木鉢サイズですかって大きさの器で出てくるラーメンなど、他にもデカ盛りメニューは色々。食べ残した場合、容器10円で購入できますが、できれば家からタッパーを持参するのがおすすめ。ロシアン佐藤さん命名「男気唐揚げ山脈定食」(4900円)や「二代目蝦夷流まぜそば・男気」(5200円)も豪快すぎて一度は拝みたいデカ盛りですよ。

●SHOP INFO

店名:二代目蝦夷(にだいめえぞ)

住:埼玉県川越市小堤15-152
TEL:049-234-2166
営:11:30~15:00(L.O.) 、18:00~22:00(L.O.21:45)
休:月曜

(広告の後にも続きます)

これが並盛!?『そば処 たちばな』(さいたま市)の1kg超え「カツカレーライス」


「カツカレーライス」980円(税込・1078円)。え~っと、これが並盛ってことは、中盛、大盛はどうなるっ?

 大盛にしなくてもボリュームがすごかったのが『そば処 たちばな』。店のメニューには「カツカレーライス」(980円)と書いてあり、その横に“カレー類は中盛200円増/大盛300円増”と赤字で書かれていますが、一般的なお店の感覚でオーダーすると大変なことになるのが同店です。

 大皿の縁いっぱいまでルーがかかった、衝撃の「カツカレーライス(並盛)」は、直径28cmのお皿に高さはカツの上で約10cm、重さは1141g(器の重さを除く)。余裕で2人前以上。カレーは程よい辛さととろみ。どこか懐かしさを感じる、飽きのこない美味しさです。そしてカツは揚げたてサクッとカリッと。ルーの広がりで隠れているけれど、実はゴハンの量も結構あります。さすが1kg超え。そして、ルーが足りなくなったらお店の人に声をかけると追加してもらえます。

 カレーの具はタマネギ、鶏肉、豚肉。カツは三元豚のロースカツ。ゴハンは埼玉のブランド米「彩の輝き」。以前お店の人が、「カツカレーライス」の大盛りをはかったところ、大盛は1.8kg、そしてメニューには載っていない特盛は2.9kgだったとのこと。並で1141gだもんね、そりゃそうなる。「お腹いっぱいになったら嬉しいでしょ。餓死はあってもお腹いっぱいでは死なないからね」と話す店主の愛情溢れるカツカレー。初めて行く場合は、いきなり大盛りなどにせず、並盛から注文することをお勧めします。

●SHOP INFO

店名:そば処 たちばな

住:埼玉県さいたま市見沼区深作1-2-8
TEL:048-686-0943
営:11:00~14:00、17:30~23:00(L.O.22:30)
休:月曜、日曜ランチタイム