【カンヌ映画祭】ジュリア・ロバーツがクールなジャンプスーツ姿を披露

開催中のカンヌ国際映画祭で5月19日に行われたショパール・トロフィー授賞式。ゴッドマザーとしてプレゼンターを務めたジュリア・ロバーツに密着。

カンヌ国際映画祭3日目に開催された、ショパール・トロフィーの授賞式。今年のゴッドマザーを務める女優のジュリア・ロバーツが、2016年以来2度目のカンヌに登場。持ち前の満面の微笑みで会場の視線を独占し、全身ブラックに身を包んだファッションにも注目が集まった。

©LOUIS VUITTON

「ルイ・ヴィトン」によるネイビーのラペルが目をひく、カスタムメイドのテイラードジャンプスーツを着用。

©Giulia Parmigiani

約100カラットのイエローダイヤモンドがセンターにセットされた「ショパール」のネックレス。

Pascal Le Segretain/Getty Images

セレモニーでは、マリア・グラツィア・キウリによる「ディオール」のオートクチュールコレクションより、ブラックの「バー」ジャケットとチュールスカートを着用。

ジャック・ロウデンに授与されたトロフィー ©CHOPARD

ショパール・トロフィーは2001年に創設され、毎年、前途有望な男女の俳優2名に贈られている。今年は、俳優のシーラ・アティムとジャック・ロウデンが受賞。カールトン・ホテル “ビーチクラブ”で開催された公式の授賞式ディナーには、2名の受賞者を称えるべく多くの俳優たちが出席。ディナーの席上で、ジュリア・ロバーツからトロフィーを授与された。

シーラ・アティム ©CHOPARD
ジャック・ロウデン ©CHOPARD