暑い毎日が続きます。

そんな時こそ、しっかり食べて夏バテ対策を。

今日ご紹介するのは、旬の野菜を使ったかき揚げと、海老と大葉の春巻き。

子どもうけもよく、よく冷えたビールにもぴったりな2品です。


枝豆とトウモロコシのかき揚げの作り方



さやつきの枝豆、旬のトウモロコシを使ったかき揚げです。

冷凍を使えば年中楽しめますが、やはり旬の食材で作ったものは格別。フリットのような食感で、子どもも喜ぶかき揚げです。

【材料】

枝豆(さやつき)…120g

ウモロコシ…1本

卵…1個

小麦粉…大さじ3

揚げ油…適量

塩…お好みで

【1】枝豆はさやから外して、レンジで少し加熱(2〜3分)をして中身を取り出します。トウモロコシは芯から実をそぎ落とします。

ボウルに、枝豆とトウモロコシを入れバラバラにします。小麦粉を半分(大さじ1.5)加えてかき混ぜます。

【2】さらに、卵と残りの小麦粉(大さじ1.5)を入れてしっかり混ぜ合わせます。

【3】油を180℃に熱して、スプーンですくって揚げていきます。

【4】1〜2分ほど触らずに揚げ、途中で上下を返し、さらに2〜3分揚げれば完成です。

油を切ったら、お好みで塩をつけてお召し上がりください。

冷凍の枝豆やトウモロコシを使う場合は、解凍してしっかり水気を切って下さい。(水気があると油ハネします)

小麦粉をまぶすことで、油がはねにくくなります。

トウモロコシの甘みと、枝豆は相性◎。

歯ごたえも楽しい夏ならではの一品です。


(広告の後にも続きます)

大葉と海老の春巻きの作り方



海老と大葉だけで簡単にできる春巻きです。日々のおかずにはもちろん、お酒のおつまみとしても。

【材料】

海老…10尾

大葉…10枚

春巻きの皮…5枚

水溶き小麦粉…少量

揚げ油…適量

スイートチリソース…お好みで

【1】海老は尻尾を残して殻をむき、背ワタを取っておきます。腹側に切れ目を入れ、海老が丸まらないようにします。

【2】春巻きの皮を半分に切り、大葉、海老を乗せて巻いていきます。

※海老の尻尾が右にでるように少し斜めに置きます。

【3】2回巻いたら、左の部分を斜めに折り込むように巻き、水溶き小麦粉を塗ってしっかり閉じます。

【4】180℃の油で揚げたら完成です。



お好みでレモンやチリソースをどうぞ。

チーズを入れると、小さな子どもも喜ぶ味に仕上がります。