温泉旅行の持ち物!必需品や男女別アイテム&便利グッズ12選を紹介

温泉旅行の準備は、持ち物リストをチェックしながら行うのがおすすめです。必需品に加え、便利グッズも持っていくと快適に過ごせるでしょう。本記事では、温泉旅行の持ち物リストを紹介します。温泉で重宝するアイガンのお風呂・サウナ専用メガネ「AIGAN FORゆⅡ」についても紹介します。

温泉の持ち物を準備する前に宿泊先にあるか確認したいもの

温泉やホテルでは、タオルやアメニティグッズ、浴衣などが準備されていることがあります。温泉の持ち物を準備する前に確認しておけば、余計な荷物を減らすことができるでしょう。まずは、宿泊先にあるか確認しておきたいアイテムを紹介します。

タオル

ほとんどのホテルや旅館ではタオルが用意されていますが、ない宿泊施設もあります。タオルがない場合、レンタルしたり、購入したりと費用がかかってしまいます。また、タオルが準備されていれば荷物もかさばらないため、事前に確認した方が良いでしょう。

大浴場にタオルが備え付けられている施設なら、何度も温泉に入りたい場合に便利です。部屋に置いてある場合でも、使用後にタオルを干せば再度使用できます。脱衣場を水滴で汚すのはマナー違反なので、お風呂から上がった時に体を拭くための浴室内用のフェイスタオルがあるとなお良いです。

アメニティグッズ

シャンプーやトリートメント、ボディソープなどのアメニティグッズがあるかもチェックしましょう。アメニティとは、お風呂を快適に過ごせるように準備されたバスグッズのこと。このアメニティには、歯ブラシやヘアブラシ、カミソリなども含まれます。

宿泊施設によっては、化粧水や乳液、クレンジングが用意されている場合もあります。最近では高級ブランドのアメニティを備えていたり、シャンプーのラインナップが豊富で選べたりする宿泊施設もありますが、肌荒れが心配な場合は使い慣れたものを持っていくと安心です。

部屋着や浴衣

宿泊施設によっては、部屋着や浴衣などが用意されていることがあるので、あらかじめ確認しておけば荷物を減らせます。温泉に入って浴衣に着替えれば、食事をしたり、そのまま寝たりとリラックスして過ごせるでしょう。

小さな個人経営の宿泊施設では、部屋着や浴衣が用意されていないケースがあります。また、浴衣を着なれていない人や寝相が悪くてはだけてしまう人は、パジャマを持っていくと快適に過ごせます。

(広告の後にも続きます)

【必需品】温泉旅行の持ち物リスト10選

温泉旅行に必要な持ち物リストは以下の通りです。どれも必需品なので忘れずに準備しましょう。上記で紹介したアメニティがない場合はそれらも追加してくださいね。

・着替えの服
・下着
・現金
・クレジットカード
・スマホの充電器
・保険証
・常備薬
・洗顔
・スキンケア用品
・着替えや濡れたタオルなどを入れる袋