夏といったら“かき氷”。暑い夏についつい食べたくなるかき氷ですが、みなさんは何味がお好きですか。

いちご・ブルーハワイ・メロンなどの定番のフレーバーのかき氷から和三盆やトマト、生姜、ローズなどの意外な組み合わせのかき氷も増えてきています!

果たしてどんな味わいのかき氷なんでしょうか。

ホテルパティシエが手がける、まるで綿飴のようなかき氷「ホテルニューオータニ(東京)」


和三盆 ¥2,500(税込サ別)

紀尾井町にある、ラグジュアリーホテル「ホテルニューオータニ」。緑豊かな由緒ある日本庭園に囲まれており、レストランや客室で絶景を楽しむことができます。

そこで堪能できるのが「サツキかき氷」。天然水を自然の寒さでゆっくり凍らせた“日光天然氷”を使用して作られるかき氷は綿菓子のようなふわっふわの口当たりが特長なんです。

フレーバーは、抹茶・和三盆・いちごの3種。中でもおすすめなのが「和三盆」。天然氷の中に白玉・羊羹ゼリー・黒蜜あんこを忍ばせ、和三盆ソースをあしらった逸品。

さらにソースの中に、くず餅の老舗「船橋屋」の「乳酸菌が活きる葛」が入っていて食感のアクセントに。さらに“藻塩”が隠し味に使われ、和三盆糖のやわらかい甘みが引き立つように計算されています。

About Shop
ホテルニューオータニー(東京)「KATO’S DINING & BAR(ガーデンコート ロビィ階)
東京都千代田区紀尾井町4−1 ガーデンコート ロビィ階
営業時間:ランチ11:30〜14:00、ディナー17:00〜21:00(20:00 L.O.)、喫茶14:00〜17:00(土・日・祝のみ営業)
定休日:なし

(広告の後にも続きます)

トマト×かき氷!?野菜が絶品スイーツになった斬新なかき氷「麻布野菜菓子」


ミニトマトのかき氷 ¥1,100(税込)

麻布十番にある、野菜の特徴を活かしたお菓子を味わえる「麻布野菜菓子」。

“料理の食材としてのイメージが強い野菜ですが、ちょっとしたアイデアで驚きのおいしさに。スイーツの素材として素晴らしい可能性を秘めていることを伝えたい”というその想いで作っているのだとか。

そこで楽しめるトマト・クリームチーズ・練乳の「ミニトマトのかき氷」。

普通のトマトではなく、圧倒的に味が濃く糖度が高いミニトマトを使っているそう。削り初めから、最後の仕上げまでの間に3層に渡りそれぞれのソースがかけられいるので、食べ初めから最後まで安定した味になるように計算されています。

トマトとチーズとの相性も抜群で、フルーツには出せないトマトならではの爽やかな美味しさを感じられるかき氷です。

About Shop
「麻布野菜菓子」」
東京都港区麻布十番3-1-5
営業時間:月〜金11:00〜19:00(L.O.18:30)、土・日・祝11:00〜18:30(L.O.18:00)
定休日:火曜日