こんにちは。キャロットケーキ好きライターの坂本リエです。
今回私がご紹介するのは沖縄県内に20店舗を構える1956年創業の「Jimmy’s(ジミー)」。クッキーやマフィン、パウンドケーキなどの洋菓子が有名で沖縄では誰もが知る定番のお店となっています。
そこで、私が見つけたのはキャロットケーキ!
こちらはおとりよせも可能なので、全国の皆さんも楽しめます。
さっそく魅力をご紹介します。

「アメリカの豊かな食文化を届けたい」という創業者の想い

Jimmy’s(ジミー)は「アメリカの豊かな食文化を届けたい」という創業者の想いによって、1956年宜野湾市に1号店がオープンしました。
ジミーグロセリーというアメリカ製品のラインナップをメインとした小さな雑貨店からスタートし、今ではケーキやパン、デリカテッセンの販売、レストランなども運営しています。
今回私が訪問したのは、那覇空港店。
平日のお昼頃は比較的空いていて、ゆったりと見れました。

(広告の後にも続きます)

ほかと違うところはフロスティングにカマンベールチーズを使用

ブランドカラーがにんじんと同じオレンジで華やかなパッケージ。
それ以上に目を惹くのはプリントされているキャロットケーキですよね。
アメリカっぽいかわいいビジュアルのキャロットケーキが伺えます。

箱サイズは22×8.5×7(cm)となっていて、ずっしりと重たくボリュームのあるキャロットケーキです。

箱を開けるとプリントそのままのキャロットケーキが入っていました。

国産のにんじんを細かく刻み、生地に混ぜ込み焼き上げています。
しっとりとした生地の表面にはカマンベールチーズを使用したクリームをたっぷりと塗り、チョコレートをトッピングしています。

にんじんをかたどったチョコレートがかわいいですね。
ここまでリアルなにんじんチョコレートは初めて見ました。
にんじんチョコレートもオリジナルなんだそう。