暑い暑いとぐだっていた夏も知らぬ間に過ぎて、気がつけばもう秋の訪れを感じます。そして秋一番の行事といえば、そう“お月見”。

毎年、月の満ち欠けによって変化しますが、今年の“お月見”は9月10日(土)にあたります。

ところで皆さんは、“お月見”の由来や何をするかをご存じですか?

今回は、意外と知らない“お月見のことから、親子で楽しい今年注目の“お月見スイーツ”を紹介。「たねや」や「モロゾフ」といった名店から、ドーナツ屋さんが出す見た目もかわいいのお団子まで。この時期にしか食べられない商品が続々と登場します!

お月見の日付が変わる理由。その歴史は平安時代に遡る

“お月見”は別名“十五夜”とも言われ、1年の中で最も空が澄みわたる日に、美しい満月を眺める行事のこと。

その歴史は遥か、平安時代とされています。“お月見”は9月15日という意見もありますが、月の満ち欠けは周期によって変化するので、毎年少しづつ日にちがずれるのです。

ちなみに昨年2021年の“お月見”は9月21日。そう考えると今年は、秋の訪れをいつも以上に早く感じます。

太古から“お月見”の日にはお酒やごちそう、詩など、貴族たちは酒池肉林を楽しんでいたそう。

そんな文化が江戸時代には形を変えて庶民に渡り、また形を変えて今の時代へと引き継がれてきました。しかし、いつの時代もその日には美味しい食事があることは、変わらないようです。

(広告の後にも続きます)

キッズのテンションも急上昇!「モロゾフ」の「お月見プリン」

今回は和菓子が苦手な子供でも、“お月見”気分を味わえるスイーツが期間限定で登場。兵庫の老舗洋菓子メーカーとして知られる「モロゾフ」では、今年もお月様やうさぎをモチーフにした限定スイーツを販売。

「モロゾフ」の看板スイーツ、カスタードプリンはウサギの姿がかわいらしいお月見デザインに。

2022年9月1日~9月10日のみ販売の限定フレーバー「お月見プリン」。雲の上に浮かぶ満月のように見えるのはミルクゼリーとオレンジのボールゼリー。なめらかな舌触りのカスタード風味のミルクプリンは、小さな子供も虜になってしまいそうな味です。

また、3個買うと割引になる「3個でお得!秋限定プリン」対象商品でもあるので、家族でお得に楽しめます。

「お月見プリン」1個378円