千葉県・船橋市にある下総中山。関東の日蓮宗大本山として知られる“法華経寺”があることで知られ、昔ながらの商店街が立ち並んでいます。

そんな風情感じるエリアにある「256nicommauve(ニコムモーヴ)」。7月〜10月の間提供されているかき氷が“可愛い”と連日SNSなどで話題を呼んでいます。

今回はそんな「256nicommauve(ニコムモーヴ)」を取材。DIYされたガレージでかき氷を食べることができ、他とは違う特別な雰囲気が魅力です。

普段はカレーとパフェのお店。夏の暑さではじめたかき氷

2017年千葉県・千葉市にオープンした「256nicom」。

2人でやられているお店で、2人で1つの流れを完成させようと、食事とデザート=カレーとパフェのセットで提供されています。

後ろに続くパフェに合わせて、カレーのスパイスや副菜内容を変えているそうで、予約開始と同時に完売するほど話題を呼んでいました。

(広告の後にも続きます)

コロナ禍で本店営業が困難に!?ガレージでかき氷の販売スタート

コロナ禍になり、本店256nicomが営業困難になったそう。

先も見えなかった状況で、立地とガレージが気に入って1年前にたまたま借りていたmauveをコロナ対策を考えた内装にセルフDIYされ、オープンされたのが別館「256nicommauve」。

木のテーブル、ろうそくやランプなど温かみがあるガレージならではの雰囲気は格別です。

滞在時間を短くしなければならないことや、季節が夏だったことを考慮してはじめられた“かき氷”。

もともとお店を始める前に13年間営業していた、薪窯PIZZAのキッチンカー時代に、夏祭り等で販売して使っていたかき氷をアレンジしたんだとか。

現在では2時間待ちになるほど人気です!