その名前を知らない人はいないであろう、ご褒美アイスの定番「PARM」が、今脚光を浴びていることはご存じですか?きっかけは、今年6月に実施された「#じゃない方パルム」のPRキャンペーン。人気バラエティ番組発祥の“じゃない方芸人”というワードが盛り上がっていることもあり、SNSで話題になりました。

勉強や仕事で疲れたとき、無性に食べたくなる「PARM」。あのクセになるような食感と味わいは、どうやって生まれたのだろう?食べるたびにおいしくなっているのはどうして? そんな気になる「PARM」のヒミツを、マーケティング担当者さんにたっぷり取材しました。

そもそも、“じゃない方パルム”って何?

PARMといえば、バニラアイスにチョコレートがコーティングされた、赤パッケージの「チョコレート」味を思い浮かべる方がほとんど。ですが、他にも「チョコレート&チョコレート」「キャラメルラバーズ(※現在は終売)」「アーモンド&チョコレート」「ストロベリー」の4種類のパルムが販売されているんです。

定番である「チョコレート」以外のフレーバーの認知度をアップさせるため、その他のフレーバーを「じゃない方パルム」と名付け、「私たちも、パルムです。」という彼らの心の叫びをメインコピーにして、看板や新聞広告、SNSキャンペーンを展開していったのが「#じゃない方パルム」のPRキャンペーン。

特に大盛り上がりだったのがTwitterで、「#じゃない方パルム」のタグはなんと5万件も投稿されトレンド入り。そして、「じゃない方パルム」の売り上げも前年の1.3倍を超えたのだとか!PARMファンからは「じゃない方なんかじゃないよ」などの温かい意見が集まるなど、PARMの人気っぷりを再確認する機会にもなったのだそう。

(広告の後にも続きます)

そんな愛されアイス「PARM」の歴史を担当者に聞いてみました

今回お話をお伺いしたのは、森永乳業冷菓マーケティング部の武藤さん。PARMをはじめ、アイスクリームの商品開発・企画を担当しています。推しのPARMは赤の「チョコレート」。仕事の合間にアイスを食べるほど、アイスクリーム愛がとても深いお方!


歴代のPARM。※現在のパッケージとは異なります

Q.一番最初にPARMが発売されたのは2005年4月。愛され続けて17年目になる長寿アイスですが、開発のきっかけは何だったのでしょうか?

武藤さん「開発が始まった2003年当時、アイスクリームは“子ども向けのおやつ”というイメージが強かったんです。そこから、競合があまりいなかったことと、少子高齢化という社会情勢を見据えて、“大人向けアイス”をつくろうと企画が立ち上がりました。

当時の“大人向けアイス”は、高級アイスのハーゲンダッツくらいしかなかったので、日常的に食べてもらえるような、高級とプチプラの中間価格帯のものをつくれば行けるんじゃないかと。」

Q.一口食べたときに、生チョコのようなコーティングとやわらかめのバニラアイスが一緒に溶けていく“はむっと”食感がおいしさのヒミツかと思います。この絶妙な食感を実現するのは難しかったのではないでしょうか?

武藤さん「かなり苦戦したようで、開発は約2年、試作は約1000本つくったと聞いています。当時の開発担当者は、PARMを食べすぎて常に吹き出物に悩まされていたとか…。

チョココーティングの部分は、パリっと割れない、しっとりとした生チョコのような食感を出すのが難しかったんです。厳選した素材を配合して実現したのですが、これに至るまで開発は1年かかったそうです。

バニラアイスをなめらかな食感にする調整が特に難しくて。理想のなめらかさにするためには、急速冷凍して氷の粒度を細かくする必要があったのですが、当時の日本の工場設備ではできない。なので海外から新しく設備を導入しました。会社にとってはかなり大きな投資ですが、そのくらい期待をかけていた商品だったんです」