30代半ばで離婚して実家に出戻りした、40代独身マンガ家の大日野カルコさん。「くそ地味な日常」をマンガにされています。

物だらけの実家を片付ける決意をした大日野さん。片付けを続けるうちに、あることを悟ったそうで……。







どうも、くそ地味系40代独身マンガ家の大日野カルコです。

実家は、自分が整理整頓に気をつかっていても、家族は必ずしもそうではなかったりもするので……。

物が多い実家を片付けるときは、「ざっくりでOK!」と、とにかくハードルを激下げしたほうがいいと思います。

そうでないと、自分で買った物のほうが少ない実家の片付けを、ひとりではとてもじゃないけれど続けられないです(涙)。

ハードルを下げた片付けをするときは、片付ける箇所に入っている物を、まずは似た物でザッと分けます。

次に、チャック付きのフリーザーバッグを大中小と用意します。
そして、どんどん、遠慮なく袋や容器に入れていく。

それだけでも、だいぶ見やすさが違いました! 達成感もハンパない!

「それだけ」をするかしないかが、実家片付けの1つのボーダーラインかもしれません。

「それだけ」ができるかもと思えるためにも、基準はとにかく「ざっくりでOK」という気持ちが大事。

片付けるのって本当大変で、やりたくない人のほうが多い中、しようとしている私、あなたは偉い! スゴイことです。

なので、「ざっくり」でいいんです!

この気持ちは大事だなと痛感しています。

著者/大日野 カルコ(42歳)
くそ地味系マンガ家。著書にエッセイ漫画『39歳、私いつまでこのまんま?〜アラフォーからのマインドリセット』。ブログ「アラフォーからのやり直しLife」を日々更新。Instagram:@karukoohino