パナソニックは、くらしに寄り添う新しいテレビ「くらしスタイルシリーズ」の新製品として、スッキリと簡単に壁に掛けられる「ウォールフィットテレビ(LW1シリーズ)」を2022年11月18日(金)より発売します。

引越しや模様替えで置き場所が固定される家具・家電、1位は「テレビ」

パナソニックが、引越しや部屋の模様替えを経験・検討したことがある、20~60代の男女500名を対象に行った「家具・家電の配置」に関する調査によると、家具・家電を配置・検討する際に57.6%の人が「希望の場所に置けなかった経験がある」と答えました。


その際、「場所が固定されやすいと思う家具・家電」として1位(83.0%)にあげられたのが「テレビ」でした。
85.4%が「部屋の家具・家電のレイアウトは、テレビを中心に決まることが多いと感じる」と答えており、73.8%がそのことに不満を感じていることが明らかに。

テレビを置く場所によって、「他の家具や家電が希望の場所に置けなかった」(55.2%)、「模様替えが思うようにできなかった」(54.0%)、「部屋を広く使えなかった」(52.4%)、「掃除がしづらくなった」(52.0%)という「配置ジレンマ」を多くの人が抱えていることがわかりました。

(広告の後にも続きます)

「配置ジレンマ」を解決する「くらしスタイルシリーズ」


テレビが引き起こす「配置ジレンマ」を感じている方の問題を解決するのが、パナソニックの「くらしスタイルシリーズ」です。
自分らしいくらし方や働き方が求められるようになったいま、パナソニックが目指すのは、一人ひとりのライフスタイルに寄り添うテレビ。

「くらしスタイルシリーズ」からは、これまでに無線伝送かつバッテリー搭載により、小型で自由に持ち運べるポータブルテレビやキャスター付きスタンドでテレビを自由に動かせる「レイアウトフリーテレビ(LF1)」が発売されました。

そして2022年11月18日(金)、壁にスッキリと簡単に掛けられる「ウォールフィットテレビ(LW1シリーズ)」が発売されます。
壁からわずか約3.5cmのスッキリとした佇まいを専用金具と薄型設計により実現しています。


アンテナ線はチューナー部に接続し、モニターに無線伝送するので、好きな位置に壁掛け可能。
従来テレビを壁に掛ける際の最大の障壁であった設置工事も、石こうボードの壁ならモニター部の軽量設計により、付属の専用金具を細いピンを使って簡単に取り付けることができます。


「置き場所」を自由にする、レイアウトフリーテレビ(LF1シリーズ)は、キャスター付きスタンドにより、テレビを見たい場所へ簡単に動かして楽しむことができます。
いつでも自由にテレビの位置を変えられるのが魅力。


「持ち運び」を自由にする、ポータブルテレビ(15LD11)は、見たいコンテンツを、好きな時に、好きな場所で楽しむことができます。
防水仕様のため、お風呂やキッチンでも安心して使うことが可能です。

パナソニックのテレビで「配置ジレンマ」とさようなら。
お部屋を自分の好みにレイアウトし、使いたい場所にテレビを設置したり運んだりして、毎日を楽しみましょう。

【参考】
※パナソニック「くらしスタイルシリーズ」サイトURL
https://panasonic.jp/viera/contents/kurashistyle.html