歴史ある観光の街として有名な鎌倉で、鶴岡八幡宮へとつながる”小町通り“は食べ歩きスポットして有名です。そんな”小町通り“に今夏、大注目のスイーツ店がオープンしました!

「BUTTER HOLIC(バターホリック) 」は鎌倉に一号店を出したばかりのクラフトバターパイ専門店。グランドオープン時には、1時間以上の列を作ったといういま最も熱いお店です。

今回は、バターの誘惑に自ら溶けに行きたくなるほどおいしい「バターパイ」を食べに、スイーツダンディ部副部長こと私マーシーが行ってきました!

沢山の商品がある中で、まずは食べて欲しい商品3種を紹介します!

まるでバターな色合い。かわいい見た目と甘い香りについ立ち止まりたくなる!

2022年6月30日にオープンしたクラフトバターパイ専門店「BUTTER HOLIC」。現在、鎌倉にのみ店舗を構え、味はもちろん“ここでしか味わえない”バターの魅力に多くの人が来店。白とクリーム色を基調とした外観はラブリーで、なんだかバターを連想させる色合いです。

そしてパイを焼く際に香るバターの芳ばしい匂い!
お店の前を通る人も思わず気になって立ち止まるほどです。

(広告の後にも続きます)

今にも溶けだしそうなバターがモチーフ。映えスポットだらけの店内に写真を撮る手が止まらない!

奥までぐーっと続く店内。角が丸くなっているのが特徴的な空間です。半透明の黄色いガラス板、壁や椅子。その全てがバターの中にいるようなアミューズメント空間を作り出しています。

店内にはいたるところに映えスポットとなる装飾がたくさんあります。特に、この鏡の前がオススメ。バターが溶けだしたような姿の鏡は、これから購入する「バターパイ」を片手に撮影したいポイント。
また、ミルフィーユを入れる箱が積み重なっている場所があったり、所々にネオライトが使われていたり。来店者が楽しめるような工夫が至る所から伝わってきます。