白金高輪にあるチーズスイーツ専門店「CASA DE GAZTA(カーサ デ ガスタ)」。バスクチーズケーキブームの火付け役「GAZTA」の姉妹店です。こちらも食材からレシピまで、とことんこだわって作った本格派。そんな「CASA DE GAZTA(カーサ デ ガスタ)」でいま、沸々と人気を集めているのがチーズを使った数々の焼き菓子。なんと魚“カレイ”の形をしているんです!

今回はチーズスイーツ専門店が作る、とっておきの焼き菓子から人気のセットを紹介。手土産にもピッタリのボリュームとお値段で、喜ばれること間違いなしです。

「CASA DE GAZTA | 焼き菓子詰め合わせ」は同店で大人気の焼き菓子を惜しめなく詰めたアソート。中にはビスキュイブラン、ケイクフロマージュ、バスクレーヌショコラ、バスクレーヌの4種が入っています。

中でも大人気なのが特注で作ったという、カレイの型で焼いた「バスクレーヌ」。フランスのクリームチーズをふんだんに使って焼き上げた生地は、コクのある味わいです。食べるともちっとした後に、蒸しケーキのようにしっとりクシャっとした食感が。チーズの酸味がほのかに効いた後味は、普通のマドレーヌにはないヤミツキ加減です。

同じく、「CASA DE GAZTA」のオリジナルマドレーヌから、チョコレート風味の「バスクレーヌショコラ」も登場。こちらは、食べるとチョコレートのほのかな苦みが加わって濃厚な味わいです。二つに割るとふわりと香るショコラにうっとりしてしまいます。

「ケイク オ フロマージュ」は素朴ながら、隅に置けない1品。焼き加減にこだわったしっとりと歯切れのよい食感と、香るナチュラルチーズ。鼻を通るバターの風味にパウンドケーキらしさを感じます。

しっとりとしたケーキの間に食べたくなるのが真っ白な姿をした「ビスキュイブラン」。ザクザクとした食感と、ホワイトチョコレートの広がる甘さに手が止まりません。一口目は、子供も大好きな粉糖の柔らかい甘みが。その後、噛めば噛むほど感じるナチュラルチーズの豊かな味わい。紅茶はもちろん、コーヒーともよく合いそうです。

味も食感も大満足の「CASA DE GAZTA | 焼き菓子詰め合わせ」は現在、白金高輪本店と伊勢丹新宿店で購入可能。小分けになっていて手土産にぴったりのアソートに、チーズ好きの友人・家族は大興奮間違えなしです。

About Shop
CASA DE GAZTA
東京都港区白金1-14-3
営業時間:8:00~19:00
定休日:なし
公式HP

園果わたげ

ウフ。編集スタッフ

メンバーの記事一覧

ufu.の新米編集者。メンズカルチャー誌でアシスタントを経験後ufu.に転身。 特技は甘いものを食べ続けること。最近は美術館内レストランの限定コラボスイーツにハマっている。