こんにちは。パン好きライターの坂本リエです。

カフェなどで目にする機会が増えてきた「ヴィーガン」ですが、最近ではパン屋さんも増えているんです。
2022年10月22日、麻布十番にグランドオープンする「Te cor gentil(テコールジャンティー)」もその1つ。
プレオープンへ伺ったので、魅力をご紹介します。

あなたのひと口が美しい未来をつくる

麻布十番駅から歩くこと約3分。一見パン屋さんには見えないシックな外観が目を惹きます。

店名の「Te cor gentil 」はフランス語でterre (地球) corps (身体) gentil (優しく)という意味を組み合わせた造語なんだとか。

「地球にやさしく、動物にやさしく、そして私たちの身体にもやさしい。私たちが目指すのは、地球とそこに暮らす人々や動物たちが幸せに共存していくことです。」と話すのは代表の森さん。

「卵や乳製品を一切使わないという従来のベーカリーショップにとっては考えられない常識を覆す大きな決断をし、100%ヴィーガンのパンが誕生しました」(森さん)

(広告の後にも続きます)

“これが本当にヴィーガンなの?と誰もが思うパンを”

店内に入ると、『本当にヴィーガンなの?』と疑いたくなるようなパンたちが並んでいました。
華やかで見ていて楽しい!

パン好きさんであれば知らない方はいない、行列の絶えない 「なんすかぱんすか」 のシェフとして活躍していた青柳シェフがメニューを監修しています。

ひとくち、口に運んだときに『美味しい』と思えることを第一に考えていんだそう。

どのパンも卵、乳、バター不使用。厳選された食材を選び、限りなく添加物も使用せずに、身体へやさしいパン作りをしているんだとか。

ここで私が選んだパンを3つご紹介します。