日本では40歳以上の20人に1人がなるといわれる、緑内障の主な原因は眼圧の上昇です。あくまでも医療機関での治療がメインとなりますが、ここでは眼圧の上昇を防ぐ方法を含め、緑内障の進行を遅らせる生活習慣10ヵ条を紹介します。【解説】平松類(二本松眼科病院副院長)

解説者のプロフィール

平松類(ひらまつ・るい)

二本松眼科病院副院長。昭和大学医学部卒業。昭和大学病院、彩の国東大宮メディカルセンターなどでの勤務を経て、2018年より現職。緑内障手術トラベクトーム指導医。テレビ、雑誌、新聞などでの医者任せにしないための医療解説に定評がある。『自分でできる! 人生が変わる緑内障の新常識』(ライフサイエンス出版)など、著書多数。Youtube「眼科医平松類チャンネル」にて、目の健康情報を配信中。

[別記事:緑内障ってどんな病気? 自覚症状は? 目の専門医がわかりやすく解説→

(広告の後にも続きます)

眼圧を上げない
トイレでいきみ過ぎない。息を止めての筋トレもNG

便秘になると、朝の排便時にどうしてもいきみますよね。この「いきみ」が、実は眼圧を上げるんです。

同様に、息を止めての筋トレや重い荷物の持ち上げ、我慢をして歯ぎしりをするなど、いきみに近い行為もNGです。トランペットなどの息を吹き込み続けるような楽器も、緑内障にはあまりよくありません。

いきみは確かに一瞬です。ですから、眼圧が安定している人ならいいのですが、進行している人や末期の人の場合は、注意が必要です。また、金管楽器の奏者に24時間眼圧を測定できるコンタクトレンズを装着してもらったら、9.6%も眼圧が上がることがあったという記録もあります。

いきみ過ぎないよう、便秘にならない生活習慣を心がけましょう。筋トレでは、息は止めずに、少しずつ吐きながら力を入れて行ってください。