仕事もプライベートも脂が乗っているわたし。でも気づいているんです。「老後破産」という言葉を見て見ぬふりをしていること…。そうならないために、30代独身女性がいまできることを教えてもらえますか?

Q1 長生きが最大のリスクって本当?

A1 30代シングル女性は、ある程度時間やお金が自由に使えてとても楽しい時期。ただ、今だけでなく将来のことも考えておかないと、大きなツケがくるので注意が必要です。60歳を迎えた女性の平均余命は約89歳。仮に60歳まで働いたとすると、セカンドライフはこれまで歩んできた人生と同じくらいあることになります。国からもらえる年金は65歳からなので、退職して5年間は無収入で生活。その後も、年金をもらいながら不足分は貯金を切り崩していくことになります。「長生きはうれしいけれど、途中で貯金がなくなったら・・?」「病気や介護状態になったら?」なんて考えると長生きがリスクだと感じます。でも、寿命なんて誰もわからないし、心配し過ぎて暗くなる必要もありません。「何かしなくちゃ」と気づいたら早めに対策をしましょう!


XiXinXing/iStock/Thinkstock

(広告の後にも続きます)

Q2 何歳までにいくらあれば、安心ですか?

A2 シングル女性のセカンドライフを考える時は、自分が毎月いくら必要なのか計算することから。総務省家計調査(平成27年度)によると、60歳以上のシングルの生活費は、月に15万6000円程。60歳~90歳の30年間なら、5,616万円必要ということになります。一方、65歳からもらえる年金は、例えば定年までの平均年収が400万円の人なら、月額約13万円が目安。65歳~90歳までの受取総額は3,900万円になります。つまり、年金収入から生活費を引いた差額の1,716万円(5616万-3,900万)を準備しておけば、とりあえず何とかなるということです。趣味やレジャーなど充実させたい人は、その分上乗せして試算しましょう。