夏バテを予防する「薬膳」本格的な暑さを乗り切るための対策とは?

梅雨明けをすると本格的な暑さになります。「熱帯夜」「猛暑日」など夏の暑さを表す言葉はたくさんあり、毎年皆さんが暑さを乗り切ることに苦労されているかを感じます。

熱中症にならないように気をつけている人は多いと思いますが、気がつくと夏場はぐったりして夏バテになっている、という方も多いのではないでしょうか。東洋医学・薬膳の知恵を使って、夏バテにならないための夏の過ごし方をご紹介いたします。

1.東洋医学で考える『夏の過ごし方』とは?

夏という季節は暑さがあることが普通です。この暑さによって、私たちの身体は太陽からエネルギーをもらって一年の元気を養っています。

植物は夏場に葉を生い茂らせ、稲穂が成長し、野菜も花をつけ、実をつける準備をします。よく秋の果実は夏の暑さがないと甘みが増さないといわれますが、これも夏のエネルギーを受けて成長したものが秋の実りにつながっているわけです。 

人間も同じで夏の日差しと暑さは成長に不可欠なもの。成長期の子どもは夏に背がよく伸びますが、これも夏の日差しと暑さが原動力になります。大人も同じく、1年のエネルギーをこの時期にしっかり太陽からもらうのです。 

この時期に身体があまりに暑さを感じていないと、冬場に冷え性になったり、気分が落ち込んだり、腰痛になったり、皮膚の不調が出てしまったり、ということがあります。

このことを利用して東洋医学では『冬病夏治(とうびょうかち)』といって、冬の病を夏に治す、という方法があります。夏は暑いものですが、その暑さの処理をできるだけの対応力がないと熱中症になります。

熱中症にならないためには、水分補給はもちろん、汗をしっかりかくこと、夏野菜を食べてからだを涼しくする性質のものを取っておくことが必要になります。

一方で、身体から暑さを逃すときにその対処方法がうまくいっていないと、夏バテは起こりがちです。身体から暑さをのがす原料である体力や潤いが不足していたり、過剰に胃腸を冷やしすぎたりすると、身体のだるさや体力の低下を引き起こしてしまうのです。もちろん、日本の夏独特の湿度の高さが、夏バテの引き金にもなります。 

(広告の後にも続きます)

2.東洋医学で考える「夏バテ」

「夏バテ」というと、虚弱体質の人に起こりがちなことだというイメージがある方もいらっしゃるかもしれません。いわゆる「夏負け」の状態で、夏に起きる疲れやだるさ、体力の低下などが起きがちです。

夏というのは、暑いだけで体力を使う季節です。日差しに対抗し、暑さを汗から流すという季節なので、じっとしているだけでも疲れるのです。暑さに対応するというのは、気力も体力もとても消耗するものなのです。何らかの理由で、その原動力となる食べ物からの栄養供給がなされなくなってしまうと、夏の暑さに対応するだけの体力が尽きてしまいます。これが夏バテです。ですから、体力がもともとない人は、夏の暑さを乗り切るだけの体力が不足していて、夏バテになってしまうのです。 

しかし、最近では体力があっても夏に弱い人が増えてきています。これは体力に関わらず、夏に対応した生活をできていないことが多くの原因です。

実際に患者様の中にも、体力的には問題はないのに、梅雨時から毎晩アイスを食べている人や夜の冷たいビールが日課の人、アイスコーヒーで水分補給をしている人などは決まって夏バテになります。

日本の夏は暑さだけでなく、湿度がとても高いです。 湿度があることで、気温以上に過ごしにくさを感じることが多いと思いますが、この湿気の対処をすることが夏を快適に過ごす上でとても大切にです。

東洋医学では、このタイプの人のことを、胃腸に痰湿が溜まった人と考えます。胃腸に湿気がたくさんあるという状態で、食欲不振、下痢、身体のだるさ、疲れやすさ、むくみ、頭痛などが起きます。もともと体力がないわけではないのに、夏にだるくなってしまって、気がついたら食欲が落ちている、という人は、この胃腸の湿気が多い夏バテになっている可能性があります。