娘がママになるときに、親として伝えたいこと

娘さんが妊娠したら知っておきたいことをお伝えしたいと思います。まずは、あなた自身の妊娠出産について少し思い出してみましょう。娘さんの誕生の時、その時に感じたことは、どんなことでしたか。もしそれが、大変だった妊娠出産、そして産後だったとしても、今思い返してみれば、「生まれてくれてありがとう」そんな風に思えるのではないでしょうか。

今まで、いろんなことを乗り越えてきましたね。子どもに育てられたような感覚もあるかと思います。どんなに一生懸命育てていても一筋縄ではいかないこともあったでしょう。または、自分自身を未熟な親だと思ったり、上手くできなかったと後悔していることもあるかもしれません。それでも、娘さんは娘さんの人生を歩み、そして親になるまで成長しました。なんて素晴らしいことでしょう。いのちの芽吹きを喜ぶとともに、あなた自身を大いにほめたたえてほしいです。自分で「私、すごいわ~!育て切った!」と思ってくださいね。

あなたのいのちがつながっていきます。本当に素晴らしいことです。あなたが親になりたてだった頃、必死だったことを思いだし、娘さんを支えられる存在になってくださいね。

1.妊娠するってどんなこと

1-1.妊娠報告にまずは、おめでとう

娘さんから妊娠報告があったら、まずは、「おめでとう」の気持ちを伝えましょう。心待ちにしていた孫(赤ちゃん)でしょうか。突然の知らせにびっくりしているでしょうか。簡単ではない状況でのお知らせだったかもしれません。もっと早く知りたかったとか、喜びだけの感情ではなかったかもしれません。

いずれにしろ、娘さんに新しいいのちが宿る、それは、ただただ素晴らしいことです。あなたのいのちはつながっていきます。いのちのスタートは、人間がコントロールしきれないところにあります。そのいのちは、あなたの娘さんを選んでやってきました。

また、さりげなく娘さんの義父母にも報告できているかも聞いてみましょう。どうしても実母の方が伝えやすいことが多いでしょうが、両家一緒に喜び合えるよう、配慮しましょう。

1-2.妊娠中の心はとてもデリケート

妊娠中の心と身体には、初めてのさまざまな変化が訪れます。とてもデリケートな時期です。「助けてほしい時、困ったときは、遠慮なく言ってね」とお伝えできれば、娘さんはとても安心します。そのことを伝えたら、あとはそっと見守りましょう。妊娠中の体調が不安定だったり、赤ちゃんの状況もいろいろあるかと思います。多くの助言は必要ありません。できるだけ、娘さんがおおらかな気持ちで過ごせるようにされたら良いかと思います。娘さんから相談や希望があったときは、とことん寄り添って下さいね。

1-3.安心感の持てる出産場所を

2021年の厚生労働省人口動態統計によると、99%以上の方が、病院、産科診療所・クリニックで出産されています。正常な分娩を助産師が介助する助産所が0.5%、自宅出産は、0.1%です。

病院や診療所・クリニックでも、母乳育児を推進しているか、立会い出産できるかなどそれぞれ特徴があります。

出産スタイルは、自然分娩なのか、無痛分娩や帝王切開などの計画分娩なのか。自然分娩についても医療行為をほとんど行わない方針だったり、早めに医療行為を行うなど、また分娩台を使うのか楽な体勢で産むフリースタイル分娩なのかなど、施設の方針もさまざまです。

どの出産場所や出産スタイルを選ぶのか、娘さんが安心感を持てることが一番大切です。医療設備がしっかりあるところが一番安心するのか、きめ細やかな対応をしてくれるところや同じスタッフがかかわるところが安心と思うのか、女医が安心するとか、家から近いことが安心なのか、その方によって違います。出産については、とにかく娘さんが安心感を持てるところを夫婦で考えていくのが一番良いでしょう。心配に感じる選択があるかもしれませんが、夫婦の選択を受け入れましょう。

(広告の後にも続きます)

2.いよいよ出産の日

2-1.予定日過ぎたら

早く赤ちゃんに会いたいですよね。まだかまだかと待ち構えていることでしょう。「まだ生まれないかしら。いつかしら」と娘さん自身が一番思っていることです。いつ生まれるかは、赤ちゃんが決めます。そして、赤ちゃんにとって最善の方法で生まれてくるはずと考えましょう。もし、娘さんから不安な言葉が聞こえたら「赤ちゃんが決めるよ」とだけ伝えてあげたらと思います。実際には、娘さんの努力ではどうにもならないことが多いので、心配し過ぎても、いいことはありません。このころの連絡は、悪気はなくてもプレッシャーに感じるようです。じっと我慢して連絡しないのが賢明です。

2-2.いのちの誕生

一緒に思いっきり喜んで、そしていのちを生み出した娘さんを大いにたたえましょう。もしかしたら娘さんが思った通りの出産ではないこともあるかもしれません。それも赤ちゃんが選んだことです。いのちの誕生が素晴らしいことであることをお母さまから伝えてあげてください。