独身の老後資金はいくら必要?平均貯金額や上手な貯金方法について紹介!

老後も独身でいる、という方は、老後資金を自分一人で準備しなければなりません。独身の老後資金には、何にいくら必要なのか解説します。老後資金の準備を始めるタイミングやNISAや、iDeCoを活用した準備方法も参考にしてみてください。

「老後2,000万円問題」は独身には当てはまらない

老後資金がどのくらい必要なのか、よく話題にあがるようになりました。2019年6月に金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」が公表した報告書では「老後30年間でおよそ2,000万円が不足する」とされました。その前提となったモデルは、以下の通りです。

・夫が65歳、妻が60歳で無職
・30年後までともに健在
・その間の収支が毎月5万円が不足する

この必要金額は、すべての人に当てはまるものではなく、報告の元になったモデルは夫婦二人世帯なので、独身の人には当てはまりません。独身の人は、収入源や支出額などの計算根拠が異なるため、自分の老後生活には実際いくら必要なのか、正しいデータで確かめたり、シミュレーションしておく必要があります。

【あわせて読みたい】老後の生活費はいくら必要?一人暮らしや夫婦の内訳と老後資金の準備方法を紹介!

(広告の後にも続きます)

独身の人はどのくらい老後資金を準備している?

必要な老後資金額は人によって異なるとはいえ、一般的に独身の人がどのくらい老後資金を準備しているのかは気になるところ。そこで、金融広報中央委員会の調査による預貯金を含めた金融資産についてのデータを参考にみてみましょう。

※平均額

■単身世帯と二人以上世帯の金融資産保有額(中央値)

※中央値

【参考】知るぽると「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] 各種分類別データ(令和4年)シート4」詳しくはこちら

【参考】知るぽると「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 各種分類別データ(令和4年)シート004」詳しくはこちら

特徴的なのは、独身(単身)世帯の平均値と中央値の乖離です。

調査した人のそれぞれのデータを足し合わせて、調査した人の数で割ったのが平均値です。データを小さい順に並べ、真ん中にくるのが中央値です。

二人以上世帯と比較しても独身世帯の多くの人が金融資産を保有しておらず、資産形成をしている人と資産形成をしていない人との差が顕著です。老後への備えにも、個人差があるかもしれません。