学資保険はいつから加入する?何歳まで加入できるのかご紹介

学資保険の加入についてよくある質問

学資保険の加入についてよくある質問

Q. 学資金の支払いはいつからですか?

Q. 学資保険はいつから加入できますか?

Q. 学資金の支払いはいつからですか?

A. 契約時に定めた学資金の支払開始年齢になられた後に迎える最初の契約応当日以降になります。

例えば、以下のようにお子さまの誕生日や学資保険の契約日によって、学資金受け取り開始時のお子さまの学年が異なります。

Q. 学資保険はいつから加入できますか?

A. 保険商品によっては、出生予定日の140日前から加入できます。

保険料負担を抑えたい方や返戻率を高めたい方は、早めに加入することをおすすめします。

詳しくは「3. 加入年齢制限がある」の章をご覧ください。

(広告の後にも続きます)

まとめ

学資保険への加入は、以下の理由から子供の年齢が低いうちに加入するのがおすすめです。

早めの加入がおすすめな3つの理由

毎月の保険料の負担を軽くできる

返戻率が高くなる

加入年齢制限がある

また、学資保険には次のメリットがあるため、子供の年齢が1〜2歳になっていても、学資保険への加入を検討する余地は充分にあります。

学資保険に加入するメリット

万が一の備えになる

給付金の受取タイミングや払込期間の調整で返戻率を高められる

所得税と住民税の控除が適用される

子供の教育資金は、人生の中でもとりわけ高額な支出となります。

学資保険以外にも活用できる様々な支援制度があるので、子供が望む教育を受けさせてあげるためにも、活用できる保険や制度は積極的に取り入れましょう。