日傘をいつまでさすべき? 油断ならない秋の紫外線

日傘をいつまでさすべき? 油断ならない秋の紫外線

夏の紫外線対策は万全にしていたけれど、これって秋になっても続けるべき?
日傘をはじめとする紫外線対策グッズが、いつまで必要か解説します。

直射日光を避けるのに日傘は最適

紫外線対策といえば、日焼け止めに日傘、帽子、サングラスなど。夏場は、街を完全防備で歩いている人も多く見られます。

ところで、これっていつまで必要なのでしょうか?

肌を黒くしたくない、シミをつくりたくないという人は、夏だけでなく、秋まで日傘をさすなどの紫外線対策をするのがおすすめです。

その理由には、紫外線の種類が関係しています。

紫外線が肌に与える影響

まず、紫外線には、UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)があります。

海や山に行った後、肌が赤くなったりするなど、いわゆる日焼けの状態を起こすのが、UVB。

日焼け止めに記載されているSPFは、このUVBを防ぐ数値を表しています。

UVBは、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こすのが特徴です。

紫外線量全体の5~10%程度と少ないですが、エネルギーが強いため皮膚がんやシミの原因に。

これらは、日傘を使うなど物理的に直射日光を避けることで予防ができます。

一方UVAは、UVBに比べて波長が弱いため、紫外線による症状は感じられません。

しかし近年ではUVAが、しみやシワを作る大きな原因とされています。

UVAは波長が弱いのですが、肌の奥深くまで到達し、コラーゲンを変性させます。

UVAに当たっても、熱を感じることはなく、肌表面に症状が現れません。

しかし、長時間にわたり、ジワジワ肌に悪影響を及ぼすのが怖いところです。

日焼け止めでは、UVAを防ぐ数値を、PA+で表しています。「PA++++(フォープラス)」が最高値です。

関連記事:

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方