逆境に負けない人になる! 困難や失敗からすばやく立ち直る思考術

逆境に負けない人になる! 困難や失敗からすばやく立ち直る思考術

強いストレスに対応できる精神力と心理的プロセスを養う方法「レジリエンス」について解説します。

嫌な気持ちを受け止め早く立ち直る力を育てる

「折れやすい心」が問題になっている中、注目を集めているのが「レジリエンス」です。

もともとは、環境学で生態系の復元力を表す言葉でしたが、現代心理学では「精神的な回復力」を意味する言葉として話題に。

また全米心理学会では、「逆境や困難、強いストレスに適応する精神力と心理的プロセス」と定義しています。

わかりやすくいうと、イライラや落ち込みを引きずらず、すばやく立ち直る力のこと。

「折れない心」「逆境に負けない心」とも言えます。

ポジティブサイコロジースクール代表の久世浩司先生も、レジリエンスの専門家として指導を行い、その効果を実感しているそう。

前向きな心を表す心理学用語であることから、「ポジティブシンキング」と混同しがちですが、2つは大きく違います。

ポジティブシンキングは、嫌な気持ちを否定してすべてをよく考えようとしますが、レジリエンスは、嫌な気持ちをそのまま受け止め、そこからいかに早く立ち直るかを考えます。

自分の心に素直でいられる分、レジリエンスの方がより自分らしく生きられるのです。

その結果、失敗からすぐに立ち直って、成功を引き寄せることができます。

精神的な回復力が強ければ、失敗をバネにして成功を手にすることもできるのです。

感情の「底打ち」をして立ち直る

つらいことがあった時に問題なのは「嫌な気持ちを抱くこと」ではなく、それを「長く引きずること」。

嫌な気持ちから抜け出せないでいると、次々とネガティブな考えがわき上がり、うつ状態に陥ることもあります。

レジリエンスを養うには、まずつらい感情を素直に、はっきり認めることが大切です。

つらい時は「私は怒っている」、「すごく悲しい」、「くやしい」などと、その時の気持ちを具体的に口に出しましょう。

自分を理解してくれる誰かに「私、今すごく落ち込んでいるの」と話し、「それは悲しいね」などと共感してもらえると、さらに認めやすくなります。

つらい感情を認めたら、次はその感情に「底打ち」をします。

あなたが没頭できる「切り替えスイッチ」を使い、それ以上ネガティブな心の沼に落ちていかないよう、自分の心にストップをかけるのです。

切り替えスイッチは人それぞれで、読書やカラオケ、家事、仕事など、どんなことでもOK。

とにかく、余計なことを忘れられることをすればいいのです。

思いつかなければ「体を動かす」、「音楽を聴く」、「深呼吸する」、「気持ちを書き出す」のどれかを試して。

嫌な気持ちが止まります。

次は、立ち直る段階へ進みましょう。

嫌な気持ちになる前のレベルにまで気持ちを高めていきます。

それには「得意なことやできることをして、小さな成功を体験する」、「成功している人の行動や習慣をまねして『自分もできる』と信じる」、「買い物など自分の気分を上がることをする」、「応援してくれる人と話をする」などが有効です。

つらいことが起きたら悲しい感情を認め、切り替えスイッチを押す。

そして立ち直るための行動をとる。

これらをできるだけ早い段階で行うことが大事。

特に切り替えスイッチは、その日のうちにオンを。

続けるうち、心がどんどん強くなっていくはずです。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと

関連記事:

いまトピママ
いまトピママ
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方