0歳から読書の秋!絵本を初めて読んだときの反応&わが家の絵本の選び方

0歳から読書の秋!絵本を初めて読んだときの反応&わが家の絵本の選び方

読書を趣味にしているママが、子どもと一緒に絵本を読んだ体験を紹介しています。0~1歳の赤ちゃんと楽しめる絵本の選び方や、一緒に絵本を読むことでママもリラックスできるそうです。

書店に行くと、赤ちゃん向けの絵本がたくさん並んでいます。なかには帯に“0歳から”と書かれている絵本も。当時、息子はまだおしゃべりもできなかったので、本当に赤ちゃんにわかるのかな? と思っていました。実際に読んでみると、母子ともにとても楽しむことができました!

本が読みたいけど、ひとりの時間がない!

読書が趣味の私にとって、昼夜赤ちゃんの世話に追われている生活のなかで、一番のストレスは本を読めないことでした。書店には魅力的な本がいっぱい……。そんなときに絵本のコーナーで見つけた、“0歳から”の文字。

わが子に本は早いのでは? と半信半疑でしたが、とにかく本を読みたかった私は、カラフルな絵が描かれている絵本を購入しました。息子は生後7カ月、ちょうどおすわりができるようになってきたころでした。

“目で追う”→“指をさす”へと成長

絵本を初めて読んだとき、私の顔と絵をさす指を交互に見ながら、絵へと息子の視線が移っていくのがわかりました。初めての絵本の世界にゆっくりと入り込んでいくようでした。

最初は目で追うだけだったのが、月齢がすすむにつれて自分の掌で絵にタッチしたり、さらに月齢がすすむと絵本に書かれている簡単な擬音をマネしてしゃべったりするように。絵本を通して成長が感じられるのはうれしい体験でした。

関連記事:

ピックアップ

「まさか、そっち?」幼い娘たちがあ然!祖父の独特すぎる遊びとは…?
「え、いきなり!?」 連絡先を交換しただけママから…。頭の中がパニックになりすぎて…!?
「薄っ!パンチ弱!」会う前に好きになった理由を尋ねたら… #さく坊馴れ初め 10
「私自身を否定された気がした…」4年経っても許せない義母からのひと言