スケートリンクに色とりどりのスイーツが登場。横浜赤レンガ倉庫の「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」が今年も開催

スケートリンクに色とりどりのスイーツが登場。横浜赤レンガ倉庫の「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」が今年も開催

2019年のクリスマスの注目イベントはコレ! 2019年11月30日(土)~ 2020年2月16日(日)の間、横浜赤レンガ倉庫で「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」が開催される。首都圏女性情報誌「OZmagazine」のインターネット版<OZmall>のクリスマス特集を要チェック!

たくさんのカラフルなスイーツが描かれたスケートリンク

横浜を代表する観光スポット、横浜赤レンガ倉庫の冬を彩るイベント「アートリンク」。スケートリンク全体をキャンバスに、毎年、多彩なアーティストがアート空間を演出する。

2005年にスタートし、今年で15回目を迎える今年は、雑誌「ビッグイシュー日本版」に登場するかわいいキャラクター「マムアンちゃん」の生みの親であるタイのアーティスト、ウィスット・ポンニミットさんがアートを担当。

テーマは、「SWEETS ICE RINK ~あまいもの大好きスケートリンク~」。マムアンちゃんがドーナツやケーキ、パフェなどのカラフルなスイーツとともに描かれる。

昼と夜とで表情が異なるスケートリンク

40×23m、厚さ約7~9cmのリンクは、毎日氷を積み上げられており、晴れた日には氷がキラキラ輝きを放ち、夜はライトアップされた赤レンガやみなとみらい、ベイブリッジの夜景が背景となり、ロマンチックな雰囲気で、デートにもぴったり。

2歳以下は無料で入場ができるので、家族みんなで楽しめるのも嬉しい。ヘルメットやひじあて、ひざあても無料で貸し出しをしている。15~18cmの2枚歯のスケートシューズもあるので、小さな子どもも氷上に立つことができる。スケート経験者はもちろん、初心者やファミリーでも気軽にスケートを楽しめる。

関連記事:

ピックアップ

キレイだけじゃない! リユースオーナメントやグリーン電力採用ほか、未来に繋がるイルミネーション5選
オリジナルケーキや限定フレーバーも!「カハラ・ホテル&リゾート 横浜」でハワイアンなクリスマスを
ブランドの人気商品!ヴィタメール「フレーズ・ド・ヴィタメール」【デパ地下スイーツ総選挙:ショートケーキ編】
バニラムースといちごのジュレがコラボ。ダロワイヨ「プティ シャトー」【デパ地下スイーツ総選挙:ショートケーキ編】