妊娠を伝えたら赤ちゃん返り! 上の子の不安をやわらげるためにしたこと

妊娠を伝えたら赤ちゃん返り! 上の子の不安をやわらげるためにしたこと

2人目の妊娠を上のお子さんに伝えたとたん、赤ちゃん返りが始まったそうです。ママが上のお子さんの不安や心配をやわらげるためにおこなったケアなどについてご紹介しています。

私には2人の子どもがいます。上の子が3歳のときに2人目を妊娠したのですが、それを上の子に伝えたところ情緒不安定になり、赤ちゃん返りをしました。当時の上の子の様子や、心のケアのためにおこなったことを紹介します。

伝えた瞬間から赤ちゃん返り

上の子の3歳の誕生日前日に妊娠していることがわかりました。「おなかの中に赤ちゃんがいるんだよ」と伝えると、自分は赤ちゃんだと言い出し、毎日「でちゅ」「バブ」と言って今まで以上に甘えるようになったのです。寝るときはお人形用のミルクをくわえて寝るようになったり、よく泣いてわがままが多くなったりと、明らかに情緒不安定になっていました。

上の子は感受性が豊かな子で、周りのこともよく見ています。きっと赤ちゃんが生まれたらママを取られてしまう、自分も赤ちゃんになれば今までどおりかわいがってもらえる、と思っていたのでしょう。

きょうだい誕生がテーマの絵本を読む

上の子の不安ができるだけ和らげばと思い、妊娠中にきょうだいが生まれるというテーマの絵本を読んであげました。そのなかでも、私たちが特に気に入った絵本が長谷川義史さん作の『おへそのあな』と、瀧村有子さん作の『ちょっとだけ』です。

『おへそのあな』は赤ちゃんと会うのが楽しみになるような絵本で、『ちょっとだけ』は上の子の寂しい気持ちに寄り添ってくれる絵本です。私は本屋で『ちょっとだけ』を読んで涙ぐんでしまいました。

関連記事:

ピックアップ

「まさか、そっち?」幼い娘たちがあ然!祖父の独特すぎる遊びとは…?
「え、いきなり!?」 連絡先を交換しただけママから…。頭の中がパニックになりすぎて…!?
「薄っ!パンチ弱!」会う前に好きになった理由を尋ねたら… #さく坊馴れ初め 10
「私自身を否定された気がした…」4年経っても許せない義母からのひと言