富士山を眺めながらアイススケート。富士急ハイランドの冬の風物詩、屋外スケートリンクが今年も開催

富士山を眺めながらアイススケート。富士急ハイランドの冬の風物詩、屋外スケートリンクが今年も開催

2019年のクリスマスの注目イベントはコレ! 2019年11月23日(土)~2020年3月31日(火)の期間、富士急ハイランドで屋外スケートリンクがオープン。首都圏女性情報誌「OZmagazine」のインターネット版<OZmall>のクリスマス特集を要チェック!

富士山を見ながら滑れる。絶景の屋外スケートリンク

スケート補助具「Qスケ」

眼前に富士山を望む屋外スケートリンク「クリスタルラグーンリンク」は、3800㎡もの広々とした空間の中に7つの小島が点在する珍しい形状のリンク。初心者でも安心して練習できる専用エリアがあるので、スケートが初めての人も気兼ねなく楽しめる。

氷上ソリ「スケートメイト」

また、オリジナルで開発した安定感抜群の二枚刃スケート靴や、一風変わった形状のスケート補助具「Qスケ」(400円/30分)、氷上ソリ「スケートメイト」(600円/30分)などさまざまなアイテムが充実しているので、年齢やレベルに合わせていろいろと試せるのも嬉しい。ヘルメットのレンタル(300円)もある。

スケートもアトラクションも丸一日楽しもう

昨年から入園料が無料の「富士急ハイランド」。スケート利用だけも可能だが、アトラクションチケットのフリーパス(大人6200円、小学生4500円など)を手に入れると滑走料(大人1500円、小学生以下の小人900円)も無料になるので、貸靴をレンタル(1足1000円。持ち込み可)するだけでアトラクション乗車の合間に気軽にスケートを楽しめるのも嬉しい。

富士山と開放感あふれる空間を楽しみたいなら昼間をめざすのがおすすめ。昼間は絶叫をBGMに、遊園地ならではの賑やかな雰囲気が楽しめる。夕暮れ時はイルミネーションがリンクを彩り、幻想的な雰囲気に。ロマンチックなスケートを満喫して。

関連記事:

ピックアップ

キレイだけじゃない! リユースオーナメントやグリーン電力採用ほか、未来に繋がるイルミネーション5選
オリジナルケーキや限定フレーバーも!「カハラ・ホテル&リゾート 横浜」でハワイアンなクリスマスを
ブランドの人気商品!ヴィタメール「フレーズ・ド・ヴィタメール」【デパ地下スイーツ総選挙:ショートケーキ編】
バニラムースといちごのジュレがコラボ。ダロワイヨ「プティ シャトー」【デパ地下スイーツ総選挙:ショートケーキ編】