え、どうして?!保育園ではしないのに家ではおもらしを多発する理由

え、どうして?!保育園ではしないのに家ではおもらしを多発する理由

保育士の中田馨さんが、保育園ではおもらしをしないのに、家ではおもらしをしてしまう子についてお話ししてくれました。おもらしをしてしまう理由、家での対処法、保育園での様子などをまとめて解説!

こんにちは、保育士の中田馨です。ママたちから「家ではトイレの失敗ばかりなんですが、保育所ではできているんですよね?」と質問を受けることがあります。ママとしては「できるはずのことが、どうして家でできないの?」と不思議に思うのだと思います。

今日は保育所ではトイレに行けるのに、家ではおもらしをしてしまうことの考えられる理由と対処方法を話します。

家でおもらしをしても怒らない

保育所でトイレに行けているのだから「家でもできるはず」とママが思うのは、当然のこと。ですので、「おしっこはトイレでして!」「またおもらしをしたの?」と言ってしまうかもしれませんが、その言葉はグッとこらえましょう。なぜなら、怒ったり注意したりすることが、子どものプレッシャーになってしまうことがあるからです。

おもらしをして「あ、出ちゃった」と一番感じているのは子ども自身です。おもらしをしたときは、「おしっこ出たのね。着替えよう」「着替えてスッキリしたね」とそれだけでOK。毎回のことになると思わず一言、言ってしまいそうになりますが、そのときにする行動を伝えるだけで十分です。

おもらしするときはどんなときかを検証してみる

子どもがおもらしするのは、どんなときかを考えてみると、おもらしの理由が分かるかもしれません。例えば、遊びやテレビに集中しているとき、起きたとき、お出かけする前、ごはんのあとなど、決まったタイミングでおもらしをする場合は、トイレに行くタイミングが遅かったということになります。いつもおもらしする少し前の時間が、その子にとっての「トイレのタイミング」かもしれません。

また、ママが弟や妹のお世話をしているときにおもらしする子は、「私のことを見てほしい!」という愛情の欲求の場合もあります。子どもがおもらしをするそのときの場面だけを切り取らず、おもらしをする前後の状況も見てみると、おもらしをする理由と子どもの気持ちが分かります。

関連記事:

ピックアップ

「まさか、そっち?」幼い娘たちがあ然!祖父の独特すぎる遊びとは…?
「え、いきなり!?」 連絡先を交換しただけママから…。頭の中がパニックになりすぎて…!?
「薄っ!パンチ弱!」会う前に好きになった理由を尋ねたら… #さく坊馴れ初め 10
「私自身を否定された気がした…」4年経っても許せない義母からのひと言