世界的ミュージカルスター、シンシア・エリヴォとマシュー・モリソンの来日公演! 共演する俳優・三浦春馬さんにインタビュー

世界的ミュージカルスター、シンシア・エリヴォとマシュー・モリソンの来日公演! 共演する俳優・三浦春馬さんにインタビュー

2020年1月16、17日の2日間、新しい一年の幕開けにぴったりのコンサート「シンシア・エリヴォ ミュージカルコンサート featuring マシュー・モリソン&三浦春馬」が開催される。世界で活躍するミュージカルスターの最初で最後!? の競演とあって大注目。今回は本番を前に練習に励んでいるという三浦春馬さんに話を聞いた。

憧れのスターと同じ舞台に立てることはとても光栄ですね。

――今回のミュージカルコンサートへの出演が決まったときの感想を教えてください。

正直なところ、信じられなかったです。まさか自分にオファーが来るなんて…! と驚きましたし、本当に自分でいいのかな? とも思いました。

――共演するシンシア・エリヴォさんと、マシュー・モリソンさんに対する印象は?

2017年に日本で上演されたミュージカル・ショー『4Stars 2017』で初めて生でシンシアさんのパフォーマンスを見たのですが、これが世界クオリティなんだと圧倒されました。そのとき、(『4Stars 2017』に出演していた)城田優君に紹介してもらってシンシアさんに挨拶をしたんですが、とても穏やかで、おおらかで…。こんな方と同じ舞台に立てることはとても光栄ですね。

マシューさんはまだ会ったことがないのですが、海外ドラマ『glee(グリー)』を見ていたので不思議な感覚です。一緒にパフォーマンスできるのが何よりも嬉しいですね。マシューさんと面識がある通訳の友人が「彼は人柄もすごくいいし、きっと春馬君と波長が合うよ」って言ってくれたこともあって、いまから楽しみにしています。

英語の発音に苦戦しています。落ち込みそうになったときは、甘いものを挟んでいました(笑)

――稽古はどのように進められているのでしょう?

僕の担当は5曲くらいの予定なんですが、ほとんどが英語での歌唱なので、1から発音を教わっています。はじめの頃は、1、2曲の発音確認だけで5時間もかかってしまって、自分の発音がこんなにもダメだったなんて…と幻滅したことも。特に難しかったのは「r(アール)」の発音。何度も直されて落ち込みそうになったときは、(息抜きに)甘いものとかをつまんでいました(笑)

ちなみに、出演者3人で舞台稽古をするのかな、と思うでしょう? それが、ないんですよ(苦笑)
だからいまは稽古というよりも、“自主練”ですね。おそらくリハーサルはありますが、当日にちょっと音合わせをして「ハイ、本番!」という感じになるんじゃないかな。ものすごい緊張感ですよね。だからこそ準備が本当に大切ですし、改めてミュージシャンの方はすごいと尊敬します。

――世界で活躍するミュージカルスターの競演という特別なステージですが、いちばんの見どころは?

メインはシンシアさんのコンサートですから、まずはなんといっても、シンシアさんのリッチな歌声を楽しんでほしいです。僕自身も初めてシンシアさんの舞台を観たとき、歌唱力はもちろん、表現力の豊かさに感動して息を呑みました。
例えばシンシアさんは、声を張り上げるときに天を仰ぐことがあるんですが、そんな体勢でも歌声がぶれることがない。それって普通じゃ考えられないことですし、神々しささえ感じられます。僕自身も、ステージ上の同じ目線でシンシアさんのパフォーマンスが見られることが本当に楽しみですね。楽曲も、ミュージカルをあまり見たことがないという方でも楽しめるナンバーがたくさん歌われる予定です。

関連記事:

ピックアップ

キレイだけじゃない! リユースオーナメントやグリーン電力採用ほか、未来に繋がるイルミネーション5選
オリジナルケーキや限定フレーバーも!「カハラ・ホテル&リゾート 横浜」でハワイアンなクリスマスを
ブランドの人気商品!ヴィタメール「フレーズ・ド・ヴィタメール」【デパ地下スイーツ総選挙:ショートケーキ編】
バニラムースといちごのジュレがコラボ。ダロワイヨ「プティ シャトー」【デパ地下スイーツ総選挙:ショートケーキ編】