「かわいそうだ」「どうして」生まれてすぐ外耳形成不全と診断されて

「かわいそうだ」「どうして」生まれてすぐ外耳形成不全と診断されて

生まれてすぐに外耳形成不全、4種類の聴力検査で中度難聴と診断された次男をもつママの体験談です。診断や受診の様子、家族の様子・気持ちの変化などについてもお伝えしています。

8月に1歳となった次男は、先天性の外耳形成不全という診断を受けています。また、生まれてすぐの聴力検査をパスすることができず、中度難聴との診断を受け、大学病院の難聴外来を受診中です。受診や検査の様子、家族の思いなどについてお伝えします。

診断、受診までの経緯

出産後、産院で外耳形成不全との診断を受けた次男。大きな産声の次男を見つめ、うれしさと不安が同時にわき上がる感覚を鮮明に覚えています。その後の聴覚検査をパスできず、大学病院への通院が決まりました。

1回目の診察は、問診と検査の予約だけというもどかしいものでした。4度の通院で4種類の聴力検査をおこない、中度難聴と診断されました。次男の未来を考え、親としての責任と不安に押しつぶされそうになりました。

家族の気持ちの変化

診断を受けた直後は、受け入れる難しさや焦燥感に襲われました。義母は、ふとした瞬間に「かわいそうだ」「どうして」という言葉を発し、その言葉を聞くたびに体がこわばったことを覚えています。

それでも、夫婦で治療方法や次男の成長過程への影響などについて情報を集め、通院の回数を重ねました。次男の症状や考えられる成長への影響を家族間や医師と相談し、ポジティブな感情で向き合えるようになってきました。

関連記事:

ピックアップ

「え、いきなり!?」 連絡先を交換しただけママから…。頭の中がパニックになりすぎて…!?
「薄っ!パンチ弱!」会う前に好きになった理由を尋ねたら… #さく坊馴れ初め 10
「私自身を否定された気がした…」4年経っても許せない義母からのひと言
「ギュウウウ!」えっ!次男が長男を突然…平和な兄弟に起きたまさかのハプニング!