「焦らなくても…」と言われたけれど、不妊治療を受けた私【体験談】

「焦らなくても…」と言われたけれど、不妊治療を受けた私【体験談】

この記事では、28歳で不妊治療に踏み切った先輩ママの体験談をお伝えします。

私が不妊治療を始めたのは28歳。周りの人には「まだ若いんだから焦らなくても……」と言われることもありましたが、私が不妊治療に踏み切った理由、そして不妊治療の経過をお伝えします。

自己流でタイミングをとってみるも…

私が結婚したのは27歳のときでした。1つ年上の彼と1年間同棲し、結婚式と同時に入籍。結婚式後すぐに新婚旅行も済ませ、もういつ妊娠してもいい! と結婚当初から思っていました。

自己流でタイミングをとってみたものの、妊娠せず半年が過ぎました。このままだとただ時間だけが過ぎていってしまいそうで、焦りの気持ちが出てきました。ですが、焦っていたのは私だけで、夫はいつか妊娠するだろうとのほほんとしていました。

産婦人科医に相談したところ…

産婦人科医に相談したところ、まだ結婚して1年も経っていないことや年齢からしても、急がなくていいんじゃない? と言われました。

しかし私は早く赤ちゃんに会いたかったのです。今のままではまだ見ぬ自分の赤ちゃんとの距離がまったく縮まらない感覚があり、焦りの気持ちが強くなっていました。また、年齢が上がるにつれて妊娠率が低下することも知っています。できることをしていきたいと先生に訴えたところ、検査をおこないながら、タイミングをみていこうということになりました。

卵管造影検査、精液検査、フーナーテストをおこない、どの検査も問題なし。あとはタイミングが合えば妊娠できるかな? と言われ、半年が経過しました……。

関連記事:

ピックアップ

「大丈夫よ!」義母のありえない行動に絶句!楽しみにしていたお食い初めで…
「どうせなら、いっそ」追い込まれた私はついに…/こじらせ女が結婚-本領発揮編-7
「病気を持った子が生まれるよ」面倒見の良い上司から、妊娠中に心無い言葉の数々を言われ…
鳴り響くインターホン!「げっ…!追いかけてきたの!?」画面をチェックすると… #ママ友の財布 24