レベル別オススメ水耕栽培キット3選

レベル別オススメ水耕栽培キット3選

第2回 水耕栽培を始めてみよう!
無農薬野菜を自宅で手軽に育てられると、注目されはじめている“水耕栽培”。

家庭で実践するためには、専用の栽培キットを使うのが最適だそうだが、どんなものがあるのだろうか? 「リビングファーム」が開発・販売している製品のなかから、いくつか紹介してもらった。

ミニ水耕菜園キットS(2670円)

もっとも安価で初心者向けの専用キット。種や液体肥料など必要な物がすべてそろっているので、すぐにはじめられる。LEDライトの代わりに、日光かデスクライト(蛍光灯が最適)で光を当てて育てよう。ひとつの容器で発芽から収穫までできるのでラク♪
商品はコチラ

もっとも安価で初心者向けの専用キット。

ココベジi(1万9000円)

LED付きのキットのなかでも、とくに小型のもの。LEDを使って少し本格的に育ててみたいという人にオススメだ。コンパクトなので、置き場所にも困らない。ひと月あたりのコストは、肥料代と電気代を合わせても230円程度!
商品はコチラ

LEDを使って少し本格的に育ててみたいという人にオススメ。

ココベジ タワーtn(4万8000円)

より多くの野菜を育てたい人に向けた、2段仕様のキット。枠は木製で、インテリアとしてもおしゃれだ。また、高さの調節が可能なので、トマトやバジルなど、背の高い野菜も育てやすい。ひと月あたりのコストは約460円。
商品はコチラ

より多くの野菜を育てたい人に向けた、2段仕様のキット。

初心者向けから上級者向けまで挙げてもらった。ちなみに、栽培器におさまるものであれば、どんな野菜でも育てられるそうだが、最初のうちは育てやすい葉物野菜からはじめるのが良いとのこと。とくに、ルッコラやベビーリーフ、グリーンウェーブ(リーフレタスの一種)がオススメだという。

「『肥えた土壌で有機栽培された野菜が良い』という話をよく聞きますが、実は有機でも無機でも植物が吸収する栄養素はほぼ同じ。なら、部屋の水耕栽培で育てた野菜のほうが育てる過程も目の当たりにできて、楽しく栄養を摂れますよ」(リビングファーム・長尾さん)

みなさんなら、どのキットでどんな野菜を育てる?
(松本まゆげ+ノオト)

お話をお聞きした人

長尾益男
リビングファーム
家庭用LED水耕栽培器を開発・販売する「リビングファーム」の代表取締役。自身も水耕栽培を積極的に実践。その様子をブログにて紹介している。また体験教室も行っている
家庭用LED水耕栽培器を開発・販売する「リビングファーム」の代表取締役。自身も水耕栽培を積極的に実践。その様子をブログにて紹介している。また体験教室も行っている

ピックアップ

家で野菜を育てる!水耕栽培のススメ