お小遣いをめぐる友だちトラブルに注意

第1回 子どものお小遣いトラブルに注意!
子どもがある程度の年齢になると、友だちとの間でトラブルが起こることもある「お小遣い」問題。高額なお小遣いをあげるのは不安だけど、まったくあげないことでも問題が発生するよう。

実際、小学生のママたちからは、次のような声が挙がった。

「うちはお小遣いをあげてないけど、たくさんもらっている子がお菓子を買ってくれたりするので、逆に困る」(30代ママ)

「塾の前にごはんを買っていく分も含めて毎日500円あげていたら、全部お菓子に消えていた…」(40代ママ)

「『奢ったり奢られたりするのは絶対にダメ』と厳しく言っているけど、子ども同士でゲームセンターに行き、お金を持っている子だけがゲームをして、ほかの子は見ていたなんてことも」(30代ママ)

「共働きの家庭では、お金だけ与えて放任のところもある。小学生なのに万札を持っているような子もいる」(40代ママ)

「お小遣い」は、家庭ごとにポリシーが異なるけど、トラブルを防ぐにはどうしたら? ファイナンシャル・プランナーの柳澤美由紀さんに聞いた。

「大切なのは、自分で管理させ、小さなうちに小さな失敗を繰り返させること。そして、失敗したときに親が助けないことです」(柳澤さん 以下同)

ゲームをする子ども

●子のお金との付き合い方は、上手な断り方も社会勉強

例えば、自分で買い物をさせ、レジで足りなくて泣いたとしても、そこでお金を出すのではなく、「いらないと言えば良いんだよ」などと教えるのも大切な金銭教育だという。

「また、子どもにお小遣いをあげる場合、よその子に奢ってしまうのは、過剰に渡しすぎている証拠です。もしほかのお母さんから『うちの子に奢ってくれたみたいだけど…』と言われたら、額を見直しましょう」

一方、友だちが奢ってくれたり、カードゲームのカードなどをくれたりすることもある。

「相手も喜んでほしくてくれたのでしょうが、そのときに『気持ちはうれしい。ありがとう』と言ったうえで、『でも、お母さんがダメだと言うから』と断ることを教えましょう」

友だちに奢ったり、モノをあげたりすることを、相手の子の親は知らないケースもある。念のため、一報入れたほうが無難だとか。

「子ども同士で話をさせ、解決させてから、親も電話で『ありがとう。でも、クセになると調子にのってしまうから』などと伝えましょう。ただし、やんわり伝えることが大切。『うちの教育方針で~』などと言ったら、トラブルになりかねません。また、相手の親は『塾の前のごはん代だったのに…』ということもあります」

大人と同じで、子ども同士も、金銭感覚の違いはあるもの。「お付き合いの部分は、お年玉でやらせる」「断り方や遊び方の工夫をさせる」ことも大切な社会経験なのだ。
(田幸和歌子+ノオト)

お話をお聞きした人

柳澤美由紀
柳澤美由紀
家計アイデア工房代表 /ファイナンシャル・プランナー CFP(R)/1級FP技能士
関西大学社会学部卒。26歳でFP資格を取得。子育てしながらFPの経験を積む。相談実績は800件以上。希望やライフスタイルにあった親身なアドバイスを心掛ける。1児の母。
関西大学社会学部卒。26歳でFP資格を取得。子育てしながらFPの経験を積む。相談実績は800件以上。希望やライフスタイルにあった親身なアドバイスを心掛ける。1児の母。
『親と子の夢をかなえる!〝私立″を目指す家庭の教育資金の育てかた』
『親と子の夢をかなえる!〝私立″を目指す家庭の教育資金の育てかた』
近代セールス社/共著
1,620円
「私立」を受けるなら絶対に知っておきたい最新情報とマネー戦略を満載!子どもの私立進学に備えるための必読の一冊。
「私立」を受けるなら絶対に知っておきたい最新情報とマネー戦略を満載!子どもの私立進学に備えるための必読の一冊。
『よりぬき 運用以前のお金の常識』
『よりぬき 運用以前のお金の常識』
講談社+α文庫
533円
節約しているつもりなのに、なぜかお金が貯まらない。金融商品に興味はあるけど、何をしたらいいのか見当がつかない…そんな「お金オンチ」のための本。
節約しているつもりなのに、なぜかお金が貯まらない。金融商品に興味はあるけど、何をしたらいいのか見当がつかない…そんな「お金オンチ」のための本。
『書き込み式 老後のお金の「どうしよう?」が解決できる本』
『書き込み式 老後のお金の「どうしよう?」が解決できる本』
講談社の実用BOOK
1,300円
いったい、いくら必要? 誰に聞けばいい? どうすればいい? 読めば安心、すぐ計算できる、書き込める1冊。
いったい、いくら必要? 誰に聞けばいい? どうすればいい? 読めば安心、すぐ計算できる、書き込める1冊。

ピックアップ

子どものお小遣い、いつからあげる?
子どものお小遣いの金額の決め方は?