「朝から何も食べず寝てばかりで…」小児科への1本の電話。診察後の医師の説明に母親は…

「朝から何も食べず寝てばかりで…」小児科への1本の電話。診察後の医師の説明に母親は…

ママたちから寄せられた体験談や悩みをマンガ化しているまめねこさんの「身近にあるかもしれない物語」<読み切りマンガシリーズ>。今回は、ある小児科の看護師さんがお話ししてくれた「子どもの低血糖」の体験談をマンガで紹介します。子どもを朝起こしてもすぐに寝てしまう、ぼーっとしているなどの症状が「低血糖症状」だと気付かずに安静に休ませているうちに、症状が進んでしまうということがあるそうです。


ある日、クリニックに1本の電話がかかってきました……。

お母さんに抱えられて到着した2歳の男の子は…

知っておきたい、子どもの「低血糖」


知っておきたい、子どもの「低血糖」

知っておきたい、子どもの「低血糖」

知っておきたい、子どもの「低血糖」


知っておきたい、子どもの「低血糖」

知っておきたい、子どもの「低血糖」

知っておきたい、子どもの「低血糖」

知っておきたい、子どもの「低血糖」


子どもの低血糖

知っておきたい、子どもの「低血糖」


知っておきたい、子どもの「低血糖」


知っておきたい、子どもの「低血糖」

知っておきたい、子どもの「低血糖」


知っておきたい、子どもの「低血糖」


知っておきたい、子どもの「低血糖」

知っておきたい、子どもの「低血糖」


知っておきたい、子どもの「低血糖」


子どもの低血糖


看護師さんは、クリニックを受診した子どもに低血糖が多くみられることからまめねこさんにマンガ化を提案してきたそうです。


このお話に出てくるお母さんに抱えられてやってきた2歳の男の子も、朝、起こしても寝てしまう、熱もないのにぐったりしているなどの情報から看護師さんが予感したとおり、低血糖だったようです。前日は微熱と食欲低下があり、夕食で食べなかったことが原因だろうと医師は言いました。


食欲がなくても少量ずつでも、ラムネやカルピスなどで糖分を摂取することが大切なのですね。そして何も食べられないなら「早めの受診」が肝心とのこと。


子どもが遊びに夢中になっていると、つい水分・糖分の摂取をとるタイミングを逃してしまったり、食欲がないならと夕食をとらせず眠らせてしまったりすることは、ともするとやってしまいそうですよね。10歳前後までは血糖コントロール機能が未熟であるなど、正しい知識をもって、大人が子どもの低血糖予防を意識しておきたいですね。


※ラムネなどの丸くつるっとしたものは、表面が滑らかなためにふとしたときに飲み込んでしまって喉につまってしまうことがあります。発達に応じて小さくして食べさせるなど、注意が必要です。


※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


著者:マンガ家・イラストレーター まめねこ

4歳差男子2人のママ。クセの強い長男と、自我芽生えまくりの次男、ふわっとした夫、ブッサかわな愛犬とで5年前から山奥暮らしを満喫中。Instagramでは日々の知育あそびや、フォロワーさんのお悩みをマンガ化して投稿しています。

関連記事:

配信元

ベビーカレンダー ロゴ
ベビーカレンダー
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ピックアップ

<ウソつきなママ友>「あいさつしてないよね…」ママ友がほかのママを無視し続けて思わず…
<浮気トラブル>「迷惑かけて申し訳ない」警察から釈放された浮気夫から謝罪が。さらに衝撃の事実が…
<困ったママ友>「わざわざ日記も見たの?」子どもの写真を無断使用したママ友が悪びれず、まさかの…
<SNSトラブル>「警察に行かなきゃ!」離婚を迫られ焦ったあまり詐欺に遭ったママはついに…!?