<しっぽがついている息子>「赤ちゃん生きてるんだよ?」わが子の病気を話すと、産むことを反対され

<しっぽがついている息子>「赤ちゃん生きてるんだよ?」わが子の病気を話すと、産むことを反対され

ゆーとぴあさんは、妊娠7カ月に受けた健診で赤ちゃんのおしりに影が見つかりました。検査をすると、赤ちゃんのMRI画像には、おしりのあたりに「しっぽ」のようなものがあり、医師からは「仙尾部奇形腫(せんびぶきけいしゅ)」と伝えられました。大きな病院に検査に行き、より詳しい検査をおこない、出産の段取りが決まったことにひと安心したゆーとぴあさん。しかし、赤ちゃんの病気を実母にメールで報告すると、実家に呼ばれ、実母から赤ちゃんを産むことに関して快くない返事が……。

それぞれの想い

実母から、「堕ろすことも選択肢にある」と言われ……。













母の涙はあまり見ないので、もらい泣きをしてしまいました。


健診についてきてくれるのはありがたい……。すごくありがたいんだけど、嫌な予感が……。


赤ちゃんを堕ろすことを提案したゆーとぴあさんのお母さん。その心の内は、ゆーとぴあさんへの心配が大きいことがわかりました。お母さんの意図を理解した上で、産むことを宣言したゆーとぴあさん。お母さんは、ゆーとぴあさんの覚悟を知り、「一緒に頑張ろう」と次の健診に一緒に行ってくれることになりました。


ゆーとぴあさんは次の健診にお母さんと一緒に行くことになりました。みなさんは誰と健診に行っていましたか?


※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

※人工妊娠中絶は、母体保護法により定められた適応条件を満たしている場合に限り、施行されます。


監修/助産師 REIKO


このほか、ゆーとぴあさんはさまざまな日常マンガをInstagramで更新しています。ぜひチェックしてみてくださいね。


この投稿をInstagramで見る

ゆーとぴあ(@yutopia92)がシェアした投稿


著者:マンガ家・イラストレーター ゆーとぴあ

男の子2人を育てるママ。長男くんは仙尾部奇形腫、次男くんは発達障害児。事実を基にした子育てに関するエピソードをマンガ化し、Instagramに投稿しています。

関連記事:

配信元

ベビーカレンダー ロゴ
ベビーカレンダー
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ピックアップ

「悪露じゃないね」産後1カ月健診で出血を相談すると、医師から驚きの答えが!
「…しないの?」急遽実家に帰ると決めて準備中、夫から思わぬ発言が…
「思っていた里帰りとは違う!?」新生児よりも手のかかる実父に、実母が疲弊してしまい…【体験談】
妊娠中から生後4カ月まで夫と別居。いざ同居スタートすると、夫婦の足並みがそろわなくて…!?