「2人で協力して貯金しよう!」→1年後の結果発表で妻が衝撃告白!妻の貯金額はなんと…!?

「2人で協力して貯金しよう!」→1年後の結果発表で妻が衝撃告白!妻の貯金額はなんと…!?

僕は、妻と出会ってから2年間の遠距離恋愛を経てプロポーズし、念願叶って妻と結婚しました。入籍を済ませた僕たちの次の目標は、貯金を成功させて同居を開始すること! 妻と相談の上、「1年間で2人合わせて100万円貯めよう!」と目標を決め、それからは日夜仕事に励みました。妻の負担を少しでも減らすために、100万円の内訳は、僕が80万円で妻は20万円です。これなら難なくいける。そう思って妻を信じた一途な男は、約束の1年後、妻から思わぬ裏切りにあってしまったのです。




貯金初体験の2人

お互いに22歳で社会人になってから、一度も貯金をしたことがなかった(貯金をしようと試みたが失敗した)僕たち。しかし、「結婚」というビッグイベントを経て今後のことを考えるようになり、「同居するために2人で100万円を貯めよう!」と、2人で貯金を頑張ることにしました。


最初のころは生活費が足りなくなるのが不安で、僕が3000円、妻が2000円と少し弱気な金額設定をし、合計月5000円ほどの貯金からスタート。今考えると、最初からもっと金額をあげて貯金をすべきだったと思います。


ちなみに、貯金初体験の僕たちは、貯金を1カ月頑張った自分へのご褒美と、今後も貯金を頑張るためのモチベーションとして、お小遣い制度を作りました。このお小遣いは、月々1人10万円です。新婚で浮かれていた僕たちは、貯金額をはるかに超えた10万円を、夫婦での記念旅行や贅沢な食事につぎ込んでいました。

知恵をふりしぼる2人

当たり前ですが、月々5000円では年間で6万円にしかならず、目標にしてる100万円にはまったく到達しません。そのうえ、お小遣いを優先していたため、むしろマイナスでした。


そんなとき、夫婦で相談しあって、「よし! 給料から天引きされる積み立て貯金をしよう!」という案に辿り着きました。そんなに胸を張って言うことではないですが、なかなか貯金できない僕らにとって、給料から天引きされて毎月定額が貯蓄されていくのは、最高のシステムだったのです。

関連記事:

ピックアップ

「健康な人と結婚して」病気が見つかった私。一方的に別れを告げると?
初めての育児で精神面も弱っていた私。そんなとき夫がしてくれた3つの行動とは?
<異常分娩>「やっと来た…」息子の面倒を頼んでいた実母が到着。しかし、安心したのも束の間で…
「お客様の顔の位置に…」マッサージ師の私が「ある期間」どうしても気になること