「預けなければ良かった」毎日号泣…。保育園に通わせるか悩むママに先生が放ったまさかの言葉にあ然…

「預けなければ良かった」毎日号泣…。保育園に通わせるか悩むママに先生が放ったまさかの言葉にあ然…

私の復職に伴い、1歳半で保育園に入園した娘。なかなか保育園での生活に慣れることができずに泣いてばかりの毎日で、親としてもとても不安でした。そんな娘が毎日保育園に通うなかで、少しずつ保育園に慣れていき、笑顔で過ごせるようになったエピソードです。


※コロナ禍前の体験談です


登園するときから顔がこわばる娘

慣らし保育初日で娘がまさかの胃腸炎になってしまい、ほとんど慣らし保育をせずに保育園生活がスタートしました。朝の送りは夫だったのですが、毎朝自転車で送る際、保育園が近づくにつれて娘はだんだんと喋らなくなり、顔がこわばっていったと言っていました。


そして保育園に到着して、バイバイするときには、「おっとー!」(娘は夫のことをこう呼んでいました)と叫び、大号泣していたそうです。毎朝こんな感じだったので、娘にこんなつらい思いをさせてまで保育園に通わせるべきなのか、悩んだこともありました。

不安が解消された先生からの言葉

登園時の号泣は1カ月ほど続きました。私が迎えに行ったときも、私の顔を見るなり泣いてしまう娘。毎日泣いていて、「いつまで泣いて登園するのだろう、いつになったら保育園生活に慣れてくれるのだろう」と、とても心配でした。


しかしある日のお迎えのとき、担任の先生に、「今日はニヤニヤしながら、おしりふきのティッシュを全部出していましたよ!」と教えてもらいました。まだまだ保育園に慣れていないと思っていたので、そんないたずらまでできるほど、娘が保育園生活に慣れて楽しんでいるのだと驚きました。

関連記事:

ピックアップ

「お義母さんの言うとおり」結婚式でドレスも選べない私…。そして当日、衝撃的な展開に!?
仕事ができてコミュ力が高いなんて!職場で高嶺の花のママ。実は憧れている人がいて<ママ友に嫉妬>
「大変そうだねぇ」口だけで育児をしない夫にイライラ。しかし、在宅勤務になった夫に驚きの変化が!?
「秘密にしていたのに!」2人の大事な「あること」が知らぬ間に知れ渡っていて