ほろほろ系の『角煮』を【ローソン】で。462円でも買っちゃう本格パウチ惣菜

ほろほろ系の『角煮』を【ローソン】で。462円でも買っちゃう本格パウチ惣菜

第2139回 ローソンのこれ注目!ママテナピックアップ
電子レンジで温めるだけでOKのパウチ惣菜。最近のコンビニは、パウチ惣菜の品揃えも豊富ですよね。なかには有名店が監修したものもありますが、ローソンの新商品がまさにそう。高いけど絶品なんです!

「なすび亭」監修の本格角煮

2023年8月8日(火)、ローソンは、「なすび亭監修 豚の角煮」(税込462円)という新商品を発売しました。

ほろほろ系の『角煮』を【ローソン】で。462円でも買っちゃう本格パウチ惣菜

和食の名店「なすび亭」の吉岡シェフが監修した豚の角煮で、ローソンいわく“あご出汁と二種類の醤油を使用し、隠し味に山椒を入れて本格的な和食の味わいを表現しました”とのこと。

正直「なすび亭」のことをよく知らないのですが、“和食の名店が監修”というのは興味深い。462円は決して安くないので少し迷いましたが、思い切って買ってみました。

ごはんの用意を忘れずに!

あえて説明する必要はないかもしれませんが、そのまま電子レンジで加熱すればOKです。

ほろほろ系の『角煮』を【ローソン】で。462円でも買っちゃう本格パウチ惣菜

500Wなら約1分30秒。ボイル調理も可能ですが、お湯を沸かす手間が省けるので、電子レンジがよいかと……。

さて、表示に従い加熱したのがこちら。下に隠れてしまっているし、大きさも異なりますが、3枚(2.5枚くらい?)入っていました。

ほろほろ系の『角煮』を【ローソン】で。462円でも買っちゃう本格パウチ惣菜

ほろほろ系の『角煮』を【ローソン】で。462円でも買っちゃう本格パウチ惣菜

角煮を食べた時、食感については“ほろほろ”と表現されることが多いイメージですが、この角煮もほろほろ。箸でも簡単に切れちゃうほどやわらかくて、しっかり煮込んであることがよくわかります。ほろほろ具合がちょうどよくて、やわらかいけどやわらかすぎず、ある程度食感が残っているのが◎。おそらくこういうところが、食べごたえにつながるのかと!

味付けは甘み強めの甘辛ですが、ごはんによく合いますね。角煮がなくなり、たれ(煮汁?)が残ってしまっても大丈夫。それだけでごはん2杯はいけそう!
(文・撮影:明日陽樹/TOMOLO)

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
TOMOLO
明日陽樹
TOMOLO
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。

ピックアップ

「おいしすぎる」と話題。パン屋さんクオリティの【ローソン】新商品
バター好きは要チェック。【ローソン】限定ポテチは“謎の粉”がポイントらしい
【ローソン】『生ミルキー』に秋の新作が仲間入り
ど定番だけど激うま。【ローソン】の新作パンが普通すぎて好き