【大絶賛】「革命すぎる」「鬼リピします」“進化系ラムネ”が爆売れの予感

【大絶賛】「革命すぎる」「鬼リピします」“進化系ラムネ”が爆売れの予感

第6418回 今日のこれ注目!ママテナピックアップ
子どもから大人まで、老若男女問わず人気の「ラムネ」。カリッとした食感が一般的ですが、いま話題のラムネは“むにゅっ”としているんです! 爆売れの予感しかない……!

生食感の「生ラムネ玉」

今年50周年を迎えたという「森永ラムネ」シリーズ。それを記念して(?)2023年9月12日(火)、2つの新商品が発売されました。

その“2つ”というのは、「生ラムネ玉」と「ぷちパリラムネ<グレープ味>」のこと。どちらも気になりますが、今回は「生ラムネ玉」をチョイス!

【大絶賛】「革命すぎる」「鬼リピします」“進化系ラムネ”が爆売れの予感

【大絶賛】「革命すぎる」「鬼リピします」“進化系ラムネ”が爆売れの予感

この「生ラムネ玉」は、簡単に言えばラムネ×ハイチュウのハイブリッド。ハイチュウの技術をいかしたふにゃもち食感のラムネ味のソフトキャンディを、ラムネの技術をいかした生ラムネ風のしっとりした糖衣でコーティングした、“森永製菓だからできるフュージョンスイーツ”なのだとか。

「革命すぎる」、「鬼リピします」、「3袋くらい一気に食っちゃう」、「レギュラー化しろ」、「くせになる食感」、「1日2個は買ってる」、「最近のお菓子で1番おいしい」など、大絶賛されているんです!

箱買いすべし!

ころんと丸いのが、生ラムネ玉の特徴。

【大絶賛】「革命すぎる」「鬼リピします」“進化系ラムネ”が爆売れの予感

【大絶賛】「革命すぎる」「鬼リピします」“進化系ラムネ”が爆売れの予感

さっそく食べてみると、食感がむにゅっとしていて、ハイチュウよりもやわらかいですね。表現として合っているかはわかりませんが、若干の粉っぽさ=糖衣のおかげでちゃんと森永ラムネらしさも感じて、味も森永ラムネのそれなので、「生ラムネ玉」という名前がぴったりです。

ハイチュウと森永ラムネのよさをもらいつつ、まったく別のものを作り上げる。完璧なフュージョン……。ハマる人が続出している理由がよくわかりました。1袋なんてあっという間に食べ終わるので、まとめ買いをおすすめします。
(文・撮影:明日陽樹/TOMOLO)

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
TOMOLO
明日陽樹
TOMOLO
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。

ピックアップ

「もう3個食べた」けっこう衝撃的な味わいにリニューアルしたアイスとは
「ホクホクする」「満足感がある」【ピュアポテト】に新定番が仲間入り
「反則級のおいしさ」「箱でほしい」リニューアルした話題のアイスとは
「おいしすぎる」と大絶賛。【松屋】の神メニューが待望の復活!